戦国小説一覧

412 12345
織田信長の妻・濃姫が恋敵? 茜さす紫野ゆき標野ゆき 野守は見ずや君が袖振る 紫草の匂へる妹を憎くあらば 人妻ゆゑにわれ恋ひめやも 出会いは永禄2(1559)年初春。 古歌で知られる蒲生野の。 桜の川のほとり、桜の城。 そこに、一人の少女が住んでいた。 ──小倉鍋── 少女のお鍋が出会ったのは、上洛する織田信長。 ───────────── ヒロインの出自等、諸説あり、考えれば考えるほど、調べれば調べるほど謎なので、作者の妄想で書いて行きます。 通説とは違っていますので、あらかじめご了承頂きたく、お願い申し上げます。
24h.ポイント 285pt
小説 4,308 位 / 183,888件 歴史・時代 17 位 / 2,106件
文字数 42,319 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.04.16
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
【祝!93,000累計pt ローマは1日にして成らず・千里の道も一歩から】 歴史好き、という以外にこれと言って取り柄のない、どこにでもいるサラリーマンの沢森武は、休暇中の地元で事故にあい戦国時代に転生してしまう。しかし、まったくのマイナー武将で、もちろん某歴史ゲームには登場しない。おそらく地元民で歴史好きですら??かもしれない、地方の国人領主のそのまた配下の長男として。ひょっとしてすでに詰んでる?ぶっちゃけ有名どころなら歴史的資料も多くて・・・よくあるタイムスリップ・転生ものでもなんとか役に立ちそうなもんだが、知らない。まじで知らない。超マイナー武将に転生した元アラフィフおっさんの生き残りをかけた第二の人生が始まる。 カクヨム様・小説家になろう様・アルファポリス様にて掲載中 ちなみにオフィシャルは https://www.kyouinobushige.online/ 途中から作ったので間が300話くらい開いているいびつなサイト;;w
24h.ポイント 562pt
小説 2,174 位 / 183,888件 ファンタジー 387 位 / 42,120件
文字数 1,489,843 最終更新日 2024.04.20 登録日 2023.04.06
武田家滅亡に伴い、赴任先から故郷川中島に戻った春日信達。 新たな上司と揉め事を起こす国人衆を宥めすかし、 やっと落ち着きを取り戻した矢先。 本能寺の変の報せが。 弔い合戦を試みる森長可に恨みを晴らそうと不穏な動きを見せる国人衆。 そこに付け入る上杉景勝からの甘い誘い。 判断に困った春日信達は……。  小説家になろうと重複投稿しています。
24h.ポイント 604pt
小説 2,019 位 / 183,888件 歴史・時代 4 位 / 2,106件
文字数 7,392 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.04.14
4
歴史・時代 連載中 長編 R18
この物語は史実では存在しない毛利元就の正嫡の四男が織り成す歴史改変物語にして軽い恋物語要素も含まれています。そう言うのが苦手な方はご注意を。なお、投稿は不定期投稿になる可能性が高いので注意してください。完結できるように頑張りますのでよろしくお願いします。
24h.ポイント 519pt
小説 2,377 位 / 183,888件 歴史・時代 6 位 / 2,106件
文字数 26,943 最終更新日 2024.04.20 登録日 2023.12.13
5
歴史・時代 完結 ショートショート
東北のとある兄妹のおhなし
24h.ポイント 604pt
小説 2,019 位 / 183,888件 歴史・時代 4 位 / 2,106件
文字数 4,721 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.04.20
 戦場に置き去りにされた2歳の俺は、心優しい虞家に拾われ、虞子期と名付けられた。  ある日、何の前触れも無く少女になった。後に虞美人と呼ばれた俺が女の子になった姿だ。  俺を拾ってくれた義父をも魅了し、犯されそうになるが、義母に助けられて未遂で終わる。  これ以上家には置いておけない、と相談して項家に嫁がせる事にされた。  男の俺は、半ば売られた様に項羽の妻にされるのだが…。  反秦の旗を掲げて秦を滅ぼすと、楚漢戦争が起こる。  劉邦は何と、赤龍の血を引いていたのだ。  その日、女の子になったシリーズの第3弾!今作品は歴史要素強めですが、次シリーズへの布石である為、最後までお楽しみ下さいませ。
24h.ポイント 626pt
小説 1,953 位 / 183,888件 ファンタジー 354 位 / 42,120件
文字数 33,085 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.04.13
7
歴史・時代 連載中 長編 R15
武田信玄の命令によって、織田信長の妹であるお市の侍女として潜入した忍びの於小夜(おさよ)。 付き従う内にお市に心酔し、武田家を裏切る形となってしまう。 そんな彼女は人並みに恋をし、同じ武田の忍びである小十郎と夫婦になる。 二人を裏切り者と見做し、刺客が送られてくる。小十郎も柴田勝家の足軽頭となっており、刺客に怯えつつも何とか女児を出産し於奈津(おなつ)と命名する。 しかし頭領であり於小夜の叔父でもある新井庄助の命令で、於奈津は母親から引き離され忍びとしての英才教育を受けるために真田家へと送られてしまう。 悲嘆に暮れる於小夜だが、お市と共に悲運へと呑まれていく。 ※拙作「異郷の残菊」と繋がりがありますが、単独で読んでも問題がございません 【他サイト掲載:NOVEL DAYS】
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 6,099 最終更新日 2024.04.19 登録日 2024.04.15
秀吉が本能寺の変の知らせを受ける。秀吉は身の危険を感じ、急ぎ光秀を討つことを決意する。
24h.ポイント 63pt
小説 12,966 位 / 183,888件 歴史・時代 63 位 / 2,106件
文字数 34,332 最終更新日 2024.04.19 登録日 2024.03.15
9
ファンタジー 連載中 長編 R18
そこらへんに居る普通の30歳の会社員の主人公、いつもと変わらない仕事。終わって家に帰り、風呂入って飯食べてネットサーフィンして寝る予定で風呂の時にただなんとなく浴槽に浸かりたいと思いお湯を溜めて・・ いざ入ったその時  気がつけばよくある森?林?の中に居た。 そうスッポンポンで。 なろうにも投稿しています。リアルとは離れていますのでご容赦ください
24h.ポイント 234pt
小説 5,213 位 / 183,888件 ファンタジー 897 位 / 42,120件
文字数 1,074,845 最終更新日 2024.04.19 登録日 2022.06.29
10
歴史・時代 連載中 長編 R15
【第12章を週1回程度更新します】世界の海が人と船で結ばれていく16世紀の遥かな旅の物語です。 12章では16世紀後半のヨーロッパが舞台になります。 ※このお話は史実を参考にしたフィクションです。
24h.ポイント 85pt
小説 10,628 位 / 183,888件 歴史・時代 49 位 / 2,106件
文字数 1,757,707 最終更新日 2024.04.19 登録日 2017.09.13
パラレルワールドの戦国乱世、山本伊三郎は数多の戦場に乱入しては刀一差しに上は着流し下は褌一丁に草履で金目の物と食糧をかっさらって生活していた 山本を見掛ける者達は口揃えて彼を 『無課金プレイヤー(侍)』と呼んだ
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 キャラ文芸 4,386 位 / 4,386件
文字数 16,294 最終更新日 2024.04.18 登録日 2023.10.13
「今に見とれよ、お前を一介の御用聞きとして、目の前に這いつくばらせたるからな」……兵庫津の北風荘左衛門は、旧友瓦林加介の誘いに乗り、荒木村重の反乱計画に加担する。狙うは、魔王織田信長の首一つ。が、無謀な夢の果てに訪れた現実はあまりに苛酷で、……天正時代の神戸を舞台に、人生の逆転を賭けた男たちの挫折と再生を描く歴史小説!
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 10,482 最終更新日 2024.04.18 登録日 2024.04.11
13
歴史・時代 連載中 長編 R15
【第8回歴史時代小説大賞奨励賞受賞作品】  戦国の雄武田信玄の次弟にして、“稀代の副将”として、同時代の戦国武将たちはもちろん、後代の歴史家の間でも評価の高い武将、武田典厩信繁。  永禄四年、武田信玄と強敵上杉輝虎とが雌雄を決する“第四次川中島合戦”に於いて討ち死にするはずだった彼は、家臣の必死の奮闘により、その命を拾う。  信繁の生存によって、甲斐武田家と日本が辿るべき歴史の流れは徐々にずれてゆく――。  この作品は、武田信繁というひとりの武将の生存によって、史実とは異なっていく戦国時代を書いた、大河if戦記である。 *ノベルアッププラス・小説家になろうにも、同内容の作品を掲載しております(一部差異あり)。
24h.ポイント 724pt
小説 1,707 位 / 183,888件 歴史・時代 3 位 / 2,106件
文字数 438,634 最終更新日 2024.04.15 登録日 2022.05.11
現代と中世ファンタジー風の世界”暁(アカツキ)”、二つの異世界が数日ごとに切り替わる世界、昨日は剣と槍で所属する国のために戦に挑んだかと思うと次の日には平和な学園生活。 二重生活の中、自信家で自己中心的な男、鈴原 最嘉(さいか)は自身の名前の由来通り最高を目指す。 可愛らしい容姿とは裏腹に、最嘉をトコトン利用する最悪の謀略家である京極(きょうごく) 陽子(はるこ)。 凄腕だが、自らの生きる意味さえも他者にゆだねようとする人形少女、白き将軍、久鷹(くたか) 雪白(ゆきしろ)。 野心と無関心、黒と白、知謀と武力、それぞれの思惑が重なる時…… 食わせ物、最嘉と黒と白の姫が織りなす戦国ファンタジー開幕。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 ファンタジー 42,120 位 / 42,120件
文字数 1,525,316 最終更新日 2024.04.14 登録日 2017.11.12
織田信長より 「厚遇で迎え入れる。」 との誘いを保留し続けた結果、討伐の対象となってしまった依田信蕃。 この報を受け、急ぎ行動に移した徳川家康により助けられた依田信蕃が その後勃発する本能寺の変から端を発した信濃争奪戦での活躍ぶりと 依田信蕃の最期を綴っていきます。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 43,662 最終更新日 2024.04.13 登録日 2024.03.03
現代日本において非社会的な生活を営んでいた安崎は、飛び込んだ湖によって別世界に移動していた。家無し武器なし食料なしの彼は中世世界を手段を選ばず駆け抜ける。 中世をイメージした作品ですが食文化や言葉などあらゆる面で時代考証的におかしいところがあります。過去ではなく別世界なので文化が違うということにしました。温かい目で見守っていただけると幸いです。 カクヨムにて連載中です。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 14,128 最終更新日 2024.04.13 登録日 2024.04.04
17
SF 連載中 長編
最大の宿敵であるスルガルム/トーミ宙域星大名、ギィゲルト・ジヴ=イマーガラを討ち果たしたノヴァルナ・ダン=ウォーダは、いよいよシグシーマ銀河系の覇権獲得へ動き出す。だがその先に待ち受けるは数々の敵対勢力。果たしてノヴァルナの運命は?
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 SF 157 位 / 5,092件
文字数 600,770 最終更新日 2024.04.12 登録日 2022.11.06
「思い出乞ひわずらい」の続きです。先にそちらをお読みになってから閲覧よろしくお願いします。 織田信長の嫡男として、正室・帰蝶の養子となっている奇妙丸。ある日、かねてより伏せていた実母・吉乃が病により世を去ったとの報せが届く。当然嫡男として実母の喪主を務められると思っていた奇妙丸だったが、信長から「喪主は弟の茶筅丸に任せる」との決定を告げられ……。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 17,990 最終更新日 2024.04.10 登録日 2024.04.01
主人公・・・勝吉はクラスメイトに いじられていた。 「ホンマお前は、武将みたいな名前やな?」 「誰が武将じゃ!」 そんな、くだらない事を言い合う 毎日を過ごしていたのにまさか、 こんな事になるなんて・・ 人生ガラリと変わる戦国へ! ナヨナヨの高校生が、天下統一を目指す? かもしれない物語! 主人公・・勝吉(かつきち) 勝昌(かつまさ)
24h.ポイント 14pt
小説 29,331 位 / 183,888件 ファンタジー 4,306 位 / 42,120件
文字数 3,585 最終更新日 2024.04.09 登録日 2024.04.06
位人臣を極めた豊臣秀吉も病には勝てず、只々豊臣家の行く末を案じるばかりだった。 一体、これまで成してきたことは何だったのか。 医師、施薬院との対話を通じて、己の人生を振り返る豊臣秀吉がそこにいた。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 213,251 最終更新日 2024.04.07 登録日 2022.03.10
「思い出乞ひわずらい」の番外編?みたいな話です。 子ども達がただひたすらにわちゃわちゃしているだけ。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 5,478 最終更新日 2024.04.03 登録日 2024.04.01
――これは、天下人の名を継ぐはずだった者の物語―― ある日、信長の嫡男、奇妙丸と知り合った勝蔵。奇妙丸の努力家な一面に惹かれる。 一方奇妙丸も、媚びへつらわない勝蔵に特別な感情を覚える。 同じく奇妙丸のもとを出入りする勝九朗や於泉と交流し、友情をはぐくんでいくが、ある日を境にその絆が破綻してしまって――。 織田信長の嫡男・信忠と仲間たちの幼少期のお話です。以前公開していた作品が長くなってしまったので、章ごとに区切って加筆修正しながら更新していきたいと思います。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 55,711 最終更新日 2024.03.31 登録日 2024.02.28
むかしむかし。 醜い姿のせいで村人から化物と呼ばれ忌み嫌われている男がいた。 そんな寂しく生きる男の元に、謎多き1人の娘が訪ねてくる。 その娘はとても優しく、美しかった。たとえ人でなくてもいいと思うほどに──
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 ライト文芸 7,332 位 / 7,332件
文字数 16,337 最終更新日 2024.03.30 登録日 2024.03.20
戦国時代の四国。  長きにわたる眠りから目覚めた白狐、平家三百年の秘密を抱えた少年、家督巡って兄と対立する少女。  彼らは巡り会い、自分の人生を切り開きます。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 201,531 最終更新日 2024.03.29 登録日 2024.02.12
天正十年六月二日、本能寺にて織田信長、死す――。 明智光秀は、腹心の明智秀満の進言を受けて決起当初の腹案を変更し、ごく少勢による奇襲により信長の命を狙う策を敢行する。 その結果、本能寺の信長、そして妙覚寺の織田信忠は、抵抗の暇もなく首級を挙げられる。 両名の首級を四条河原にさらした光秀は、織田政権の崩壊を満天下に明らかとし、畿内にて急速に地歩を固めていく。 一方、近江国日野の所領にいた蒲生賦秀(のちの氏郷)は、信長の悲報を知るや、亡き信長の家族を伊勢国松ヶ島城の織田信雄の元に送り届けるべく安土城に迎えに走る。 だが、瀬田の唐橋を無傷で確保した明智秀満の軍勢が安土城に急速に迫ったため、女子供を連れての逃避行は不可能となる。 かくなる上は、戦うより他に道はなし。 信長の遺した安土城を舞台に、若き闘将・蒲生賦秀の活躍が始まる。
24h.ポイント 63pt
小説 12,966 位 / 183,888件 歴史・時代 63 位 / 2,106件
文字数 113,853 最終更新日 2024.03.24 登録日 2024.02.24
26
歴史・時代 完結 ショートショート
信長死す。その報を受け、各地に散っていた織田家の武将たちは本領めざして馬を走らせる。 信長とともに三人の弟を失った鬼武蔵こと森長可は悲報に際して領国へ向かうのであるが その道中、乱に乗じて長可を討とうとする国人衆が行く手を遮る。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 7,307 最終更新日 2024.03.19 登録日 2024.03.19
永禄4(1561)年に上杉家と武田家が争った川中島の合戦。最も苛烈と呼ばれたこの第四次川中島合戦の裏で暗躍する、忍びたち。 彼らは歴史の表舞台には決して現れないが、彼らの暗躍がなければ歴史は大きく動かなかった。 上杉家の軍師である宇佐美駿河守定満に個人的に飼われることとなった菊池佐之介は、宇佐美定満を生涯の主君として仰ぎ、彼のために暗躍する。 武士たちの戦いの陰には、忍び同士の壮絶な戦いもあった。第四次川中島合戦から御館の乱を戦い抜いた、ひとりの忍びの物語。 【他サイト掲載】NOVEL DAYS
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 75,431 最終更新日 2024.03.16 登録日 2024.02.21
1616年、一隻の貿易船がインド(バングラデシュ)に近いミャンマー西域のカラダン川をさかのぼっていた。 ベンガル湾の河口から一日ほどの距離に、ラカイン王国の国際貿易港があった。 ポルトガル人やオランダ人たちは、そこを東洋のベニスと呼んでいた。 その貿易船には、四十人のサムライたちが乗っていた。 大阪、夏の陣で、徳川の軍と戦って敗れた九州の切支丹武士の一団である。 サムライたちは、敗戦した豊臣側の武将に率いられ、新たな平和な地を求めていた。 茶色の流れがうねってつづくカラダン川の河口は、広々とした穀倉地帯だった。 サムライたちは甲板に出て、まだ見ぬラカイン王国の都、ムラウーにときめきと期待をこめ、大きく息を吐いた。 やがて、王国の警備兵として仕えるようになったサムライの隊又兵衛。 ある日、布にくるまれた赤子を始末せよと王に命じられる。 ●以下は、2023年12月28日のコメントです。 構成上のミスがあり、(2024年2月15日に一部訂正)12章以降の部分が未完です。 資料を検討し、なんとか進めるつもりですが、個人的事情で完成は半年後になりそうです。 申し訳ございません。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 85,130 最終更新日 2024.03.13 登録日 2024.03.13
織田信長は、戦国の世における天下統一の先駆者として一般に強くイメージされますが、当然ながら、生まれついてそうであるわけはありません。 守護代・織田大和守家の家来(傍流)である弾正忠家の家督を継承してから、およそ14年間を尾張(現・愛知県西部)の平定に費やしています。そして、そのほとんどが一族間での骨肉の争いであり、一歩踏み外せば死に直結するような、四面楚歌の道のりでした。 織田信長という人間を考えるとき、この彼の青春時代というのは非常に色濃く映ります。 そこで、本作では、天文16年(1547年)~永禄3年(1560年)までの13年間の織田信長の足跡を小説としてじっくりとなぞってみようと思いたった次第です。 毎週の月曜日00:00に次話公開を目指しています。 スローペースの拙稿ではありますが、お付き合いいただければ嬉しいです。 (2022.04.04) ※信長公記を下地としていますが諸出来事の年次比定を含め随所に著者の創作および定説ではない解釈等がありますのでご承知置きください。 ※アルファポリスの仕様上、「HOTランキング用ジャンル選択」欄を「男性向け」に設定していますが、区別する意図はとくにありません。
24h.ポイント 106pt
小説 9,150 位 / 183,888件 歴史・時代 40 位 / 2,106件
文字数 435,350 最終更新日 2024.02.26 登録日 2022.04.03
「俺は趣味で忍者やってんだ。グダグダ言うと殺すぞ」  戦国時代、風雲を駆け抜ける忍び、信(しん)。織田信長の庶子として生を受けながら、わけあって忍びの里で育てられた。並外れる驚異的な忍術で敵をなぎ倒し、織田、豊臣、徳川に真っ向から挑んでいく。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 11,569 最終更新日 2024.02.11 登録日 2023.10.05
31
ファンタジー 連載中 長編 R18
ある日、少年は自分が赤子になっている事に気付いた。 その世界は奇妙で、男女の役割が逆転した価値観であった。 世は戦国時代。女達の戦が蔓延る過酷な世界で少年は忍として生きる事を決意する…… 健全版です……!(´;ω;`) エッチなシーンは(ないです)
24h.ポイント 149pt
小説 7,242 位 / 183,888件 ファンタジー 1,235 位 / 42,120件
文字数 631,148 最終更新日 2024.02.09 登録日 2023.08.18
浅井賢政(のちの長政)の初陣となった野良田の合戦で先陣をつとめた磯野員昌。 その後の働きで浅井家きっての猛将としての地位を確固としていく員昌であるが、浅井家が一度は手を携えた織田信長と手切れとなり、前途には様々な困難が立ちはだかることとなる……。 姉川の合戦において、織田軍十三段構えの陣のうち実に十一段までを突破する「十一段崩し」で勇名を馳せた武将の一代記。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 154,755 最終更新日 2024.02.02 登録日 2024.01.01
 士官のために伊賀を裏切った抜け忍たち。しかしその途中で一人が殺されたことにより、計画は狂っていく。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 3,974 最終更新日 2024.01.27 登録日 2024.01.27
34
歴史・時代 完結 ショートショート
1月13日「たばこの日」に寄せて書いた短いお話です。 1946年に「ピース」が初めて発売されたことで愛煙家が制定したといわれています。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 2,048 最終更新日 2024.01.24 登録日 2024.01.24
 永禄三年五月――、駿河国および遠江国を領する今川義元との緊張が続く尾張国。ついに尾張まで攻め上ってきたという報せに、若き織田信長は出陣する。世にいう桶狭間の戦いである。その軍勢の中に、信長と乳兄弟である重臣・池田恒興もいた。必勝祈願のために、熱田神宮参詣する織田軍。これは、若き織田信長が池田恒興と歩む、桶狭間の戦いに至るストーリーである
24h.ポイント 42pt
小説 16,590 位 / 183,888件 歴史・時代 91 位 / 2,106件
文字数 132,621 最終更新日 2024.01.24 登録日 2023.10.13
男子高校生がベットから起きたらそこは戦国時代!?そしてあの有名な武将。石田三成の三男坊として生きることに。乱世と言われるこの時代をいかに生き抜くか、どうせ、現代には帰れないんだ。だったら! 現代の知識を使って人が死なない平和な世の中を自分で築こうじゃないか。 新たな人生の始まりだ!
24h.ポイント 7pt
小説 35,700 位 / 183,888件 ファンタジー 5,622 位 / 42,120件
文字数 5,959 最終更新日 2024.01.22 登録日 2024.01.22
幼少の頃より自分にしか聞こえない天狗の声が聞こえた吉川広家。姿見えぬ声に対して、時に従い、時に相談し、時に言い争い、天狗評議と揶揄されながら、偉大な武将であった父吉川元春や叔父の小早川隆景、兄元長の背を追ってきた。時は経ち、慶長五年九月の関ヶ原。主家の当主毛利輝元は甘言に乗り、西軍総大将に担がれてしまう。東軍との勝敗に関わらず、危急存亡の秋を察知した広家は、友である黒田長政を介して東軍総大将徳川家康に内通する。天狗の声に耳を傾けながら、主家の存亡をかけ、不義内通の誹りを恐れず、主家の命運を一身に背負う。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 74,650 最終更新日 2024.01.20 登録日 2023.02.24
天正十年六月二日未明、京都本能寺で、織田信長が家臣の明智光秀に殺された。このあと素早く行動したのは羽柴秀吉だけだった。備中高松城で、秀吉が使者から信長が殺されたことを聞いたのが、三日の夜だといわれている。堺見物をしていた徳川家康はその日に知り、急いで逃げ、四日には自分の城、岡崎城に入った。秀吉が、自分の城である姫路城に戻ったのは七日だ。家康が電光石火に行動すれば、天下に挑めたのに、家康は旧武田領をかすめ取ることに重点を置いた。この差はなにかー。それは秀吉が機を逃がさず、いつかくる変化に備えていたから、迅速に行動できたのだ。それは秀吉が、他の者より夢を持ち、将来が描かける人物だったからだ。  この夢に向かって、一直線に進んだ男の若い姿を追った。  木曽川で蜂須賀小六が成敗しょうとした、若い盗人を助けた猿男の藤吉郎は、その盗人早足を家来にした。  どうしても侍になりたい藤吉郎は、蜂須賀小六の助言で生駒屋敷に住み着いた。早足と二人、朝早くから夜遅くまで働きながら、侍になる機会を待っていた。藤吉郎の懸命に働く姿が、生駒屋敷の出戻り娘吉野のもとに通っていた清洲城主織田信長の目に止まり、念願だった信長の家来になった。  藤吉郎は清洲城内のうこぎ長屋で小者を勤めながら、信長の考えることを先回りして考えようとした。一番下っ端の小者が、一番上にいる信長の考えを理解するため、尾張、美濃、三河の地ノ図を作った。その地ノ図を上から眺めることで、大国駿河の今川家と、美濃の斎藤家に挟まれた信長の苦しい立場を知った。  藤吉郎の前向きに取り組む姿勢は出る杭と同じで、でしゃばる度に叩かれるのだが、懲りなかった。その藤吉郎に足軽組頭の養女ねねが興味を抱いて、接近してきた。  信長も、藤吉郎の格式にとらわれない発想に気が付くと、色々な任務を与え、能力を試した。その度に藤吉郎は、早足やねね、新しく家来になった弟の小一郎と、悩み考えながら難しい任務をやり遂げていった。  藤吉郎の打たれたも、蹴られても、失敗を恐れず、常識にとらわれず、とにかく前に進もうとする姿に、木曽川を支配する川並衆の頭領蜂須賀小六と前野小右衛門が協力するようになった。  信長は藤吉郎が期待に応えると、信頼して、より困難な仕事を与えた。  その中でも清洲城の塀普請、西美濃の墨俣築城と、稲葉山城の攻略は命懸けの大仕事だった。早足、ねね、小一郎や、蜂須賀小六が率いる川並衆に助けられながら、戦国時代を明るく前向きに乗り切っていった若い日の木下藤吉郎の姿は、現代の私たちも学ぶところが多くあるのではないだろうか。
24h.ポイント 0pt
小説 183,888 位 / 183,888件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 99,791 最終更新日 2024.01.06 登録日 2024.01.06
1〜20までスカウトや内政ターン 20〜33まで戦タイム 安房攻め 34〜49戦後処理と内政 目標11/3日までに書き溜め 50〜61河東の戦い1 62〜70河東の戦い2 71〜80河東の戦い3 81〜85河東の戦い 後始末 86〜 川越夜戦 やばい、話の準備してるとどんどん内容が増えて予定通りにいかんのだがー? 時代物が好きなのでかきました。 史実改変物です。基本的な大きな歴史事件は史実通りに起こります。しかし、細かい戦や自分から仕掛ける戦はべつです。関東に詳しくなく細かい領地の石高や農業に関することはわからないのでご都合主義ですしある程度は史実とは違うことをするので全体的にご都合主義です。 北条氏親がいない世界線です。変更はこれだけです。あとは時代知識を使って漁夫の利を桶狭間でとったり、河東を強化して領内を強くして川越夜戦の援軍に駆けつけて関東統一にのりだします。史実通り豊後に来たポルトガル船を下田に呼んで史実より早めの鉄砲入手や、浪人になったり登用される前の有名武将をスカウトしたりします。ある程度は調べていますが細かい武将までは知りません。こういう武将がいてこんなことしましたよ!とか意見ください。私の好きなものを書きます。
24h.ポイント 28pt
小説 21,073 位 / 183,888件 ファンタジー 3,046 位 / 42,120件
文字数 417,723 最終更新日 2024.01.02 登録日 2021.11.15
40
歴史・時代 連載中 短編 R15
甲斐国躑躅ヶ崎に、春日源五郎という者がいた。彼はもともと百姓の身であり武田信玄に才を買われて近習として仕えた。最終的には上杉の抑えとして海津城の城代となる。異例の大出世を遂げたが、近習時代は苦しい日々だったという。 そんな彼の近習時代を中心に書いてみました。 ※いつも通り創作戦国です。武将のキャラ設定は主観です。基本的に主人公視点で物語は進みます。 内容もあくまで筆者の想像にすぎません。
24h.ポイント 21pt
小説 24,515 位 / 183,888件 歴史・時代 143 位 / 2,106件
文字数 16,145 最終更新日 2023.12.31 登録日 2023.11.18
412 12345