剣客小説一覧

16
 戯作者為永春水と関係した芸者が密かに産んだ子である梅次郎は、幼い頃から剣術の修行を積み、暴れん坊旗本・勝小吉(勝海舟の父)の弟子となった。梅次郎は小吉が幕府から密かに請け負っていた江戸市中見回りの見習いを勤めつつ、吉原の廓「志信屋」の花魁玉糸と辰巳芸者の音八からの支援を受けて江戸市中の治安を守るべく活動していた。  あるとき、夜鷹連続辻斬りが起こり、梅次郎は玉糸から家宝の正宗を受けとり見回りを強化するが……巡回中に連続辻斬りの下手人・影沢英之進と斬りあう。英之進はかつては為永春水の人情本の愛読者であり、戯作者を志したこともある剣客であった――。  ここに戯作者によって人生を狂わせられたふたりが、激突する――。  戯作者の子で町人剣客の梅次郎、吉原の花魁玉糸、辰巳芸者の音八、暴れん坊旗本勝小吉という異色の面々が活躍する、滑稽あり剣戟ありの痛快エンタメ時代小説です! 
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 4,910 最終更新日 2024.05.03 登録日 2024.05.01
 「剣聖」と呼ばれた、上泉信綱、側室の子として、生まれた上泉玄信斎。  
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 経済・企業 300 位 / 300件
文字数 2,058 最終更新日 2024.01.01 登録日 2024.01.01
推理要素のある時代物
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 13,440 最終更新日 2023.10.15 登録日 2023.10.15
酒と肴と剣と闇 江戸情緒を添えて 江戸は本所にある居酒屋『草間』。 美味い肴が食えるということで有名なこの店の主人は、絶世の色男にして、無双の剣客でもある。 自分のことをほとんど話さないこの男、冬吉には実は隠された壮絶な過去があった。 多くの江戸の人々と関わり、その舌を満足させながら、剣の腕でも人々を救う。 その慌し日々の中で、己の過去と江戸の闇に巣食う者たちとの浅からぬ因縁に気付いていく。 店の奉公人や常連客と共に江戸を救う、包丁人にして剣客、冬吉の物語。
24h.ポイント 63pt
小説 12,899 位 / 185,380件 歴史・時代 116 位 / 2,279件
文字数 301,344 最終更新日 2023.06.27 登録日 2023.05.03
5
歴史・時代 連載中 短編 R15
「その恨み、この爺に売れ」 江戸の町には、晴らせぬ恨みを募らせる人の目の前に現れる老人がいる。名を、蒔田雨露亮(まきた・うろすけ)──人の恨みを我がものとし、夜な夜な見も知らぬ人の仇を討つ『恨み屋』である。今宵もまた、新たな恨みを晴らしに老人は動く。 目には目を、歯には歯を、悪人には悪人を。 (不定期更新です。諸々の練習作。全体的にあまり温かくも明るくもスッキリな話でもないので、お気をつけください……)
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 29,391 最終更新日 2022.12.20 登録日 2022.09.14
 永禄九年九月。上野国箕輪城は武田信玄の猛攻によって落ちた。  城方だった新陰流の達人上泉信綱は、穴山信君の説得を受けて武田信玄に降る。だが、あろうことか信綱は、信玄への謁見の場で、隠居と新陰流流布の旅立ちを願うのだった。このとき信綱は、五十八歳。〈宿志〉実現には後のない年齢だった。  武将としての才を惜しむ信玄は、後日使者を派遣する旨言い置いて謁見の場を立つ。  一方、信綱の養子秀胤は、武田ではなく北条氏康に降ろうと考えていた。秀胤は、風魔小太郎と連絡を取り合いつつ、腹心猪子兵四郎に信玄の使者を斬るように命じる。  だが、そのもくろみは、富田一法斎なる兵法者の出現によって崩れ去る。武田の使者は無事到着し、信玄が信綱の隠居と新陰流流布の旅立ちを許したことを伝える。  武田の使者の去り際、猪子兵四郎を斬った富田一法斎が大胡城を訪ねてくる。翌日、富田一法斎と名乗るそっくりの人物が、もう一人信綱との試合を求めて大胡城を訪れてくる。不審に思った信綱が確認を命じると、始めに来た一法斎はいなくなっていた。二人の訪問の目的は何か?  同じ頃、上杉謙信に追われた忍びの名人加藤段蔵が〈新陰流陰の流れ〉の秘密とその奥義書を手に入れるべく上野国に現れる。秀胤の妻てるの方に仕える侍女早苗は、その段蔵の弟子だった。段蔵は早苗に命じて〈新陰流陰の流れ〉について調べ始めるが、それは新陰流へと至る〈陰の流れ〉の歴史を知ることだった。驚くべきことに、信綱には忍びの術が伝えられていたのである。  だが、どう調べても奥義書の存在がつかめない段蔵は、ついに上泉信綱と直接対決し、奥義書を奪おうと考える。  段蔵との戦いを制した信綱は、第二の人生を一介の兵法者として生きるために上泉城から旅立つのだった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 102,870 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.05.21
 秘太刀“斬壺(きりつぼ)”。  その技を以て、老剣客はかつて岩を斬り、壺を斬った――割ることも砕くこともなく、真二つに――。 ただしそれができたのは、若き日のたった二度だけ。  そして今。辛苦の末に流派を継いだ彼が対峙するのは、剣才そのもののような少年。それはまるで、老剣客の積み上げたもの全てを嘲笑うかのような存在。  もし、奴を斬ることができる技があるなら――それは一つ、“斬壺”。  凡人対天才。  今、その戦いが始まり、そして終わる――。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 11,187 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.11.22
御前試合で相手の腕を折った山本道場の師範代原口源左衛門は、浪人の身となり仕官の道を探して美濃の地へ流れてきた。資金は尽き、その地で仕官できなければ刀を捨てる覚悟であった。そこで源左衛門は不思議な感覚に出会う。影風流の使い手である源左衛門は人の気配に敏感であったが、近くに誰かがいて見られているはずなのに、それが何者なのか全くつかめないのである。そのような感覚は初めてであった。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 27,815 最終更新日 2021.07.04 登録日 2021.05.28
「アルファポリス」「カクヨム」「ノベルバ」に同時投稿しています。 旗本の大道寺長十郎直賢は主君の仇を討つために、役目を辞して犯人につながる情報を集めていた。盗賊桜小僧こと梅一は、目が見えるのに盗みの技の為に盲人といして育てられたが、悪人が許せずに暗殺者との二足の草鞋を履いていた。そんな二人が出会う事で将軍家の陰謀が暴かれることになる。
24h.ポイント 21pt
小説 24,563 位 / 185,380件 歴史・時代 222 位 / 2,279件
文字数 102,448 最終更新日 2021.06.30 登録日 2021.05.31
 幕末の江戸の片隅で、好まざる仕事をしながら暮らす相楽遼之進。彼は今日も酒臭いため息を吐いて、独り言の様に愚痴を云う。  かつては天才剣士として誇りある武士であったこの男が、生活に疲れたつまらない浪人者に成り果てたのは何時からだったか。  わたしが妻を死なせてしまった様なものだ────  貧しく苦労の絶えない浪人生活の中で、病弱だった妻を逝かせてしまった。その悔恨が相楽の胸を締め付ける。  だがせめて忘れ形見の幼い娘の前では笑顔でありたい……自遊長屋にて暮らす父と娘、二人は貧しい住人たちと共に今日も助け合いながら生きていた。  世話焼きな町娘のお花、一本気な錺り職人の夜吉、明けっ広げな棒手振の八助。他にも沢山の住人たち。  迷い苦しむときの方が多くとも、大切なものからは目を逸らしてはならないと──ただ愚直なまでの彼らに相楽は心を寄せ、彼らもまた相楽を思い遣る。  ある日、相楽の幸せを願った住人は相楽に寺子屋の師匠になってもらおうと計画するのだが……  そんな誰もが一生懸命に生きる日々のなか、相楽に思いもよらない凶事が降りかかるのであった──── ◆全24話
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 116,046 最終更新日 2021.06.12 登録日 2021.05.24
「それは、茅鼠というそうだ」 その男は巌のように大きく。 わたしは、いかにも小さき物に思えた。 それでもわたしは。 その男を、斬らねばならぬ。 仇討ちに挑む男と、挑まれる男の切ない交錯の一幕。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 10,193 最終更新日 2021.05.31 登録日 2021.05.31
アーデルハイト=フーデマンの家は代々財務官吏の下級貴族でしたが、ひょんなことから没落します。 彼女は父を守れなかった母みたいにはなるまいと、必死で剣の修行に励みます。 王国の士官学校でも剣の腕はなかなかのもの。 さてさて彼女は無事にお家再興が果たせるのか!? 剣客浪漫譚 (。´・ω・)? 剣に生き、そして剣に死す!? 後にブルー・アイスマン子爵の護衛責任者になる女騎士の物語。 SA・ピエンス・ブタ史 ~第八惑星創造戦記~の外伝。 もちろん本編を知らなくてもお楽しみいただけます。 【備考】小説家になろうにも掲載されています。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 ファンタジー 42,583 位 / 42,583件
文字数 6,723 最終更新日 2020.08.28 登録日 2020.08.25
「人を斬らねば、私は生きられぬのか……」  江戸の泰平も豊熟の極みに達し、組織からも人の心からも腐敗臭を放ちだした頃。  魔剣・念真流の次期宗家である平山清記は、夜須藩を守る刺客として、鬱々とした日々を過ごしていた。  念真流の奥義〔落鳳〕を武器に、無明の闇を遍歴する清記であったが、門閥・奥寺家の剣術指南役を命じられた事によって、執政・犬山梅岳と中老・奥寺大和との政争に容赦なく巻き込まれていく。  己の心のままに、狼として生きるか?  権力に媚びる、走狗として生きるか?  悲しき剣の宿命という、筑前筑後オリジンと呼べる主旨を真正面から描いたハードボイルド時代小説にして、アルファポリス第一回歴史時代小説大賞特別賞「狼の裔」に繋がる、念真流サーガのエピソード1。 ――受け継がれるのは、愛か憎しみか―― ※この作品は「天暗の星」を底本に、9万文字を25万文字へと一から作り直した作品です。現行の「狼の裔」とは設定が違う箇所がありますので注意。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 260,131 最終更新日 2020.06.26 登録日 2020.01.26
いまだ戦国の気配くすぶる寛永年間、三代徳川将軍家光の治世。 そのお膝元では、怪忍者集団逆卍党が跳梁跋扈していた。 現われたのは超絶美麗の剣客、夢見客人――。 陰謀、謀略! 剣術、妖術、忍法! 百花繚乱入り乱れての大活劇! 悲運の姫君の秘密を巡り、蠢く妖人魔人の群れ。 対するは凄腕揃いの暇人たち。 魔を斬り闇を断つ、妖刀御世継ぎ殺し村正の一閃! 大江戸時代伝奇痛快娯楽エンターテイメント、ここに開演!!
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 175,951 最終更新日 2019.12.29 登録日 2019.03.20
白刃に月光がキラリと光る。雲の隙間からもれた光が、一瞬の勝負を決めた。振りかざした刀を鞘に収める。 俺は女が苦手だ。見ているだけで全身が痒くなる。目が合うだけで胸の鼓動が早くなる。話しをすれば呼吸が荒くなり、触れようものなら即死は免れない。 頼まれた仕事さえ終われば、後のことはどうでもいい。さっさと帰ろう。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 85,015 最終更新日 2019.05.22 登録日 2019.04.16
俺の名前は鞍家二郎三郎。仮想現実の江戸時代で〝遊客〟と呼ばれている。この仮想現実では、誰でも気軽に江戸の暮らしを楽しめる。俺はこの江戸世界を産み出した創業者として、江戸の町人たちを守っている。だが、この江戸世界に、奇妙な犯罪が発生した! 何と殺人事件が発生したのだ。しかも殺されたのは、この俺だという……。一体何がこの江戸世界で起きているのか? 俺は真相究明のため、捜査を開始した……。
24h.ポイント 0pt
小説 185,380 位 / 185,380件 大衆娯楽 5,574 位 / 5,574件
文字数 176,213 最終更新日 2017.07.04 登録日 2017.05.20
16