遊女小説一覧

23
1
歴史・時代 連載中 短編 R15
徳川家の御世も大を重ねること四代。ここ公許遊里である吉原遊廓では夜毎に男女の艶事が繰り広げられていた。 遊廓の秩序を守る自警団、四郎兵衛会所の首代たちは様々な身分に身をやつし遊女に危害が加えられていないかまた、彼女たちが不穏な動きを見せていないか警戒に当たっていた。 首代たちを束ねる西田家の娘である凛は、女の身でありながら首代として警護に当たっている。客からの暴力など遊女の身体を守るのが男の首代。女の首代は傷ついた遊女の心を癒やすのが仕事となっている。 とはいえ首代であるが故に、荒事にも女の身ではあるが立ち向かわねばならない。 吉原遊廓を舞台に、運命の悪戯に巻き込まれてしまった二人の女たちの姿を描く。 【他サイト掲載】NOVEL DAYS
24h.ポイント 221pt
小説 5,429 位 / 185,371件 歴史・時代 75 位 / 2,279件
文字数 25,901 最終更新日 2024.05.29 登録日 2024.05.01
飽くなき欲望により煌々と輝く吉原遊郭。その吉原において最高位とされる遊女である夕顔はある日、八助という男と出会った。吉原遊郭内にある料理屋『三好』で働く八助と吉原遊郭の最高位遊女の夕顔。決して交わる事の無い二人の運命はその出会いを機に徐々に変化していった。そしていつしか夕顔の胸の中で芽生えた恋心。だが大きく惹かれながらも遊女という立場に邪魔をされ思い通りにはいかない。二人の恋の行方はどうなってしまうのか。 ※この物語はフィクションです。実在の団体や人物と一切関係はありません。また吉原遊郭の構造や制度等に独自のアイディアを織り交ぜていますので歴史に実在したものとは異なる部分があります。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 ライト文芸 7,564 位 / 7,564件
文字数 102,136 最終更新日 2024.04.27 登録日 2024.04.15
─── あらすじ 時は宝暦。 御上の厳しい改革により、江戸最大の色街・吉原遊廓は存亡の危機に陥っていた。 多くの遊女屋は廃業を強いられ、女郎や従業員達の行き場は無くなり、路頭に迷う者が続出した。 【夕風屋】の筆頭花魁・吉野はその悲劇を打開すべく、馴染みの客たちに協力を仰いだ。 幕府に対する反対の声を受けて、御上は改革を断念。遊郭は徐々にかつての栄光を取り戻していった。 その後の吉原の存続は許され、売春防止法が成立するまでの200年間続けられた。 お客のみならず、女郎たちから慕われてきた吉野が如何にして羅生門河岸の切見世女郎から最高位の花魁へ登り詰めることが出来たのか。その壮絶な人生のストーリーを解き明かす。 ─── *注意 吉原遊廓の遊女を主人公にしている為、性的表現が多く出て参ります。「※」と章前に記載することにします。しかし、規制は一切しませんことをご了承ください。 また、性的表現のみならず、心中表現、客から遊女に対する暴力描写もございますので、お読みになられる際はご注意願います。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 233,611 最終更新日 2024.02.17 登録日 2021.01.01
4
ファンタジー 連載中 長編 R18
異世界でよくある魔王退治を果たし、無事地球に帰還した主人公。だが、地球に帰ってきたのは良かったが帰ってくる時間軸を間違えてしまった。 時は1574年 やっとの思いで帰ってきた地球はいわゆる、戦国時代真っ只中である。
24h.ポイント 63pt
小説 12,996 位 / 185,371件 ファンタジー 1,863 位 / 42,583件
文字数 244,166 最終更新日 2024.01.07 登録日 2023.10.13
5
恋愛 連載中 長編 R18
2000年代の日本から約3000年後… 50××年の日本へ連れ去られてしまった高校生、池井 マナ。 3000年後の日本は科学の発達し過ぎた世界で、人間は人間とは言えないおぞましい姿へと変貌していた。 そんな彼らの『性欲』を発散させる玩具にされる運命になったマナ。 散々遊ばれ捨てられる運命かと思いきや…。 これは、一人の少女が『傾国の遊女』へと成り上がる話。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 恋愛 56,306 位 / 56,306件
文字数 103,298 最終更新日 2023.11.01 登録日 2020.10.02
行商人の老人は行商路を歩きながら、孫娘にとある昔話を話し始めた。 それは老人が青年だった頃まで遡る。 占い師に告げられた、遊女の霊から始まる三つの話の真実を知り、彼らは何を思うのか。 三里の中で語られる奇妙な昔話は、過去と現在を繋いでいく。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 ミステリー 4,164 位 / 4,164件
文字数 4,314 最終更新日 2023.04.23 登録日 2023.04.23
この物語の主人公は、越後の百姓の倅である。 本当は跡を継いで百姓をするところ、父の後釜に邪険にされ家を出たのであった。 江戸に出て、深川で飛脚をして渡世を送っている。 歳は十九、取り柄はすけべ魂である。女体道から女観音道へ至る物語である。 慶応元年五月、あと何年かしたら明治という激動期である。 その頃は、奇妙な踊りが流行るは、辻斬りがあるはで庶民はてんやわんや。 これは、次に来る、新しい世を感じていたのではないのか。 日本の性文化が、最も乱れ咲きしていたと思われるころの話。 このてる吉は、飛脚であちこち街中をまわって、女を見ては喜んでいる。 生来の女好きではあるが、遊び狂っているうちに、ある思いに至ったのである。 女は観音様なのに、救われていない女衆が多すぎるのではないのか。 遊女たちの流した涙、流せなかった涙、声に出せない叫びを知った。 これは、なんとかならないものか。何か、出来ないかと。 ……(オラが、遊女屋をやればええでねえか) てる吉は、そう思ったのである。 生きるのに、本当に困窮しとる女から来てもらう。 歳、容姿、人となり、借金の過多、子連れなど、なんちゃない。 いつまでも、居てくれていい。みんなが付いているから。 女衆が、安寧に過ごせる場を作ろうと思った。 そこで置屋で知り合った土佐の女衒に弟子入りし、女体道のイロハを教わる。  あてがって来る闇の女らに、研がれまくられるという、ありがた修行を重ねる。 相模の国に女仕入れに行かされ、三人連れ帰り、褒美に小判を頂き元手を得る。 四ツ谷の岡場所の外れに、掘っ立て小屋みたいな置屋を作る。  なんとか四人集めて来て、さあ、これからだという時に…… てる吉は、闇に消えたのであった。
24h.ポイント 42pt
小説 16,586 位 / 185,371件 歴史・時代 155 位 / 2,279件
文字数 143,827 最終更新日 2023.02.23 登録日 2023.02.04
江戸時代の遊郭に拾われた孤児、 お花。 月日が流れて晴れて遊女になる。 お花が選ぶ未来とは、、、!
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 3,357 最終更新日 2022.07.02 登録日 2022.07.02
 紀州に文吉という少年がいた。彼は拾われっ子で、農家の下男だった。死ぬまで農家のどれいとなる運命の子だ。  そんな文吉は近所にすむ、同じく下女の“みつ”に恋をした。二人は将来を誓い合い、金を得て農地を買って共に暮らすことを約束した。それを糧に生きたのだ。  しかし“みつ”は人買いに買われていった。将来は遊女になるのであろう。文吉はそれを悔しがって見つめることしか出来ない。  金さえあれば──。それが文吉を突き動かす。  下男を辞め、醤油問屋に奉公に出て使いに出される。その帰り、稲荷神社のお社で休憩していると不思議な白い玉に“出会った”。  超貧乏奴隷が日本一の大金持ちになる成り上がりストーリー!!
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 149,159 最終更新日 2022.06.20 登録日 2022.05.03
10
BL 完結 短編
 花魁だった前世の記憶を持つ男子高校生・青原啓介は軽音部に所属し平凡な日々を送っていた。ある日ネットに上げた歌と演奏の動画をきっかけに大学生と会うことに。その大学生は前世で愛した武士の生まれ変わりで…… 前世で武士だった剣道大学生×前世で花魁(遊女)だった男子高校生 男女カプが転生してBLになっています。書きたいシーンだけ書いたネタメモです 長期で書こうか書かないか悩んでいます 追記 思った以上に指示をいただけましたので、ぼちぼち連載してみることにしました。転生した二人の恋の行方を書いていきます。ちゃんとハッピーエンドにします。いつまで出来るだろうか…… 追記2021/12/6 続き書けないなと思ったので一旦完結にしときます。待っていただいた方大変申し訳ございません。他の作品に力入れています……
24h.ポイント 14pt
小説 29,498 位 / 185,371件 BL 7,147 位 / 24,020件
文字数 8,005 最終更新日 2021.11.10 登録日 2021.09.06
 町外れの廃寺で暮らす那津(なつ)は絵を描くのを主な生業としていたが、評判がいいのは除霊の仕事の方だった。  新吉原一の花魁、桧山に『幽霊花魁』を始末してくれと頼まれる那津。  エセ坊主、と那津を呼ぶ同心、小平とともに幽霊花魁の正体を追うがーー。  ※小説家になろうに同タイトルの話を置いていますが。   アルファポリス版は、現代編がありません。
24h.ポイント 42pt
小説 16,586 位 / 185,371件 歴史・時代 155 位 / 2,279件
文字数 85,546 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.18
12
BL 完結 短編 R18
「アンタは生きてるつもりでも活きちゃあいない」 華やかな遊郭を舞台に繰り広げられるBL時代劇短編作品。 世間を騒がす美しき義賊「紅天神」と貧乏旗本の三男坊源之助。重なる筈のない二つの魂がたった一夜だけ重なった。 そのたった一夜が全てを変えた物語。 最初はえ?!コレBL??と言う感じですが、ちゃんとBLになっていきますよ❣️
24h.ポイント 7pt
小説 35,838 位 / 185,371件 BL 9,027 位 / 24,020件
文字数 12,883 最終更新日 2021.06.19 登録日 2021.06.14
13
恋愛 完結 短編
恋と呼ぶにも惜しい恋。 いつの時代も人とは考えて恋をしてしまうものなのだろう。 一人の遊女の短いお話。 ※生きるの短編集の中のお話ですが、やはり読み辛いので分割してみました。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 恋愛 56,306 位 / 56,306件
文字数 6,869 最終更新日 2021.06.10 登録日 2021.06.10
暗い空に真っ赤な提灯が連なる。 綺麗な華の赤に見えるだろうか、 地獄の釜の血に見えるだろうか。 男は天国、女は地獄。  ここは遊郭。男が集い、女を買う街である  ここに1人、例外がいた話 昔、想いを寄せた遊女と瓜二つだったのは、女ではなく男だった。昔の想い人に想いを馳せ、その男に会いに行く。昔の想い人に重ねられ、傷付く心。昔と今の想いが交差する少し変わった、切なくも美しい遊郭のお話。 ※エブリスタ、小説家になろうで公開中です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 54,087 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.05.13
 肥前長崎丸山遊廓、梅木楼抱えの秋野は、外出の帰り道に廓近くの思案橋の上で、稲佐山のなだらかな稜線を眺めながら、その向こう側にある故郷の福田村を偲ぶのを常としていた。元治元年春の夕方、思案橋の上で、稲佐山が福田から見るのとは左右あべこべに見える、と背後から秋野の心情を代弁するように言ったのは、勝海舟の供で初めて長崎を訪れていた坂本龍馬だった。  翌慶応元年夏の夕方、同じく丸山遊郭の門前橋の上で、秋野は長崎に亀山社中を設立して程ない無一文の龍馬と再会する。揚げ代を自らの借金にし、梅木楼で時を過ごしながら、福田から丸山へ売られた身の上を龍馬に語る。  慶応二年初春、「亀山の白袴の大将」と呼ばれ長崎の町で噂の種になっていた龍馬は、梅木楼を訪れ、昨夏のお礼にと、木製の紅い簪を秋野に渡す。以後、馴染みの情人(シャンス)となった龍馬から、梅木楼に面白可笑しい手紙が届くようになる。  慶応三年春、亀山社中改め海援隊の蒸気船いろは丸が、航海中に紀州藩船と衝突し、沈没してしまう。龍馬と、三味線を手にした秋野は、ふたりでいろは丸の唄を節付けする。その唄は丸山遊廓だけでなく、海難談判の場となった長崎で大流行し、海援隊は町の世論を味方に付けることに成功する。  同年秋、龍馬は長崎を発つ前日に秋野を誘い、婦人用ブーツを履かせ、夕刻から晩にかけてデイトする。眼鏡橋を渡って中島川沿いの上野彦馬撮影局でふたりの立ち姿の写真を撮り、旧亀山社中からの夕景と風頭山からの夜景を眺め、感動を分かち合う。別れ際に、秋野は龍馬から脇差を渡される。  同年晩秋、龍馬暗殺の報が長崎に届く。程なく年季が明け、秋野は紅い簪を髷に差し、シャンスからの数々の手紙が入った風呂敷を持ち、三味線を背負ってブーツを履き、懐にふたりの写真と脇差を納め、丸山遊廓を後にする。思案橋の中程で立ち止まり、稲佐山を眺めながら、零れそうになる涙を懸命に堪える。  この作品は「ノベルデイズ」にも投稿掲載しています
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 10,916 最終更新日 2021.04.05 登録日 2021.04.02
旧題:深川 悪女の深情け 深川の遊郭で行き倒れていたところを、春画描きの浮世絵師に拾われた醜女の「猿」。 彼女は浮世絵師のために飯を作る約束で、遊郭の引き手茶屋で住むことを許されて……。 という、江戸飯テーマの人情小説です。 髪結い師の男、化粧師の男、引き手茶屋の婆に郭の台所を任された男、門番の男。など、花街に住む人達の視点で、1話完結の連作短編です。 完結しました。 ※なろうでも同じ小説をアップしています。
24h.ポイント 21pt
小説 24,605 位 / 185,371件 歴史・時代 232 位 / 2,279件
文字数 140,449 最終更新日 2020.10.29 登録日 2019.04.13
ここは𠮷原遊廓 女の涙と男のお金でできた街 床入りをした男と女しかわからない情事 吉原をこよなく愛する藤十郎が体験した吉原遊廓の話 この話はフィクションです
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 10,914 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.29
18
歴史・時代 完結 ショートショート R18
ここは江戸の𠮷原遊廓 男が女をお金で買う場所 この物語はそんな悲しい女たちの物語
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 1,255 最終更新日 2020.05.17 登録日 2020.05.17
吉原とは遊女と男が一夜の夢をお金で買う女性 水商売に情は不要 生い立ち、悲惨な過去、そんなものは気にしない これは忘八とよばれた妓楼の主人の話
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 1,547 最終更新日 2020.05.15 登録日 2020.05.13
 時は江戸時代前期、若き四代将軍・徳川家綱の御世。  柳生十兵衛の忘れ形見・松は、幼少期に父が定めた年上の許嫁・跡部良隆との祝言を心待ちにしていた。  十六歳になり祝言を目前に控えた松だったが、若く破天荒な叔父・義仙がいきなり江戸へ来て……  果たして松の祝言の行方は!?  表紙は「かんたん表紙メーカー」様HP上で作成しました。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 9,212 最終更新日 2020.03.10 登録日 2020.03.01
品川の飯盛旅籠屋に売られたおひらは、先輩女郎のおちよに憧れる。 おちよには徳水という僧侶の馴染み客がいて、徳水はおちよの嫉妬心をあおるために、おひらに気があるようなそぶりを見せる。 嫉妬に狂ったおちよは執拗におひらをいじめるが、いじめられているうちにおひらはおちよの魅力にますます引き込まれていく。 おひらは徳水がおちよの心も体も自身のモノにしていることに嫉妬し、二人の行為を覗き見ると、信じられない行為をしており…。 アルファポリス第五回歴史・時代小説大賞エントリー作品です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 8,126 最終更新日 2019.05.22 登録日 2019.04.30
 面白い遊女がいると聞いて話の種にしようとやって来た作家の男と、千里眼を持つと噂される遊女のお話。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 11,425 最終更新日 2019.05.17 登録日 2019.04.30
 時は江戸。明暦の大火と呼ばれる大火事に江戸は見舞われた。しかし、遠く離れた土地では、そんな大事も風の噂に過ぎない。とある山里に住む無邪気な少女・お玉の下には、ある日、兄の形見と金子を持った男が尋ねてきて・・・一人の少女が遊里の中で、人として女として変貌を遂げていく。
24h.ポイント 0pt
小説 185,371 位 / 185,371件 歴史・時代 2,279 位 / 2,279件
文字数 37,521 最終更新日 2018.06.07 登録日 2018.04.30
23