歴史・時代 短編小説一覧

369 12345
竹束とは、切った竹をつなげた盾のことです。室町時代。日本に鉄砲が入ってくると同時に、竹束が作られるようになります。では、この竹束は誰が持ち、どのように使われたのでしょう。1575年の長篠の戦いに参加した伊勢の鉄砲足軽とその家人の視点で、竹束とその使い方を描いてみました。
24h.ポイント 519pt
小説 2,255 位 / 185,483件 歴史・時代 30 位 / 2,379件
文字数 7,563 最終更新日 2024.06.14 登録日 2024.06.14
ある日、丑丸(うしまる)の父親が流行病でこの世を去った。 貧乏裏店(長屋)暮らしゆえ、家守(大家)のツケでなんとか弔いを終えたと思いきや…… 脱藩浪人だった父親が江戸に出てきてから知り合い夫婦(めおと)となった母親が、裏店の連中がなけなしの金を叩いて出し合った線香代(香典)をすべて持って夜逃げした。 齢八つにして丑丸はたった一人、無一文で残された—— ※不定期更新ですが、6/30までに完結する予定です
24h.ポイント 489pt
小説 2,414 位 / 185,483件 歴史・時代 35 位 / 2,379件
文字数 2,885 最終更新日 2024.06.13 登録日 2024.05.30
一五八二年、本能寺にて。 明智光秀の謀反により、燃え盛る炎の中、信長は自決を決意した。 しかし、光秀に仕えているはずの霧隠才蔵に助けられ難事を逃れる。 南蛮寺まで逃げおおせた信長は、謀反を起こしたはずの明智光秀と邂逅する。 そこには徳川家康も同席していた。 そして、光秀から謀反を起こした黒幕は羽柴秀吉であることを聞かされる。 忠臣からの裏切りを知った信長は、光秀・家康と手を組み、秀吉の討伐を胸に動き出すのだった。 (C)みけとが夜々 2024 All Rights Reserved
24h.ポイント 788pt
小説 1,448 位 / 185,483件 歴史・時代 17 位 / 2,379件
文字数 32,528 最終更新日 2024.06.13 登録日 2024.05.30
4
歴史・時代 連載中 ショートショート
過去に起こった出来事を、新たな解釈で 短編小説にしてみました。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 1,855 最終更新日 2024.06.13 登録日 2024.05.16
久方の月の桂も黄葉する季節。 美しいと評判の左大臣家の姫君・小夜姫は、連香樹の香りの交じった秋の風に吹かれながら、池の脇に佇んでいた。 その池に映っていたのは......
24h.ポイント 42pt
小説 16,434 位 / 185,483件 歴史・時代 183 位 / 2,379件
文字数 6,858 最終更新日 2024.06.12 登録日 2024.06.12
 居酒屋という言葉は江戸時代から始まったと言われる。そんな時代に居酒屋で働く女店主と偶然助けた浪人の物語  
24h.ポイント 106pt
小説 9,221 位 / 185,483件 歴史・時代 129 位 / 2,379件
文字数 17,990 最終更新日 2024.06.12 登録日 2024.05.31
南宋皇帝高宗の生母、宣和皇太后は眼病を患い両目を失明していた。治療のため呼ばれた道士は、原因が心因性と推測し、過去の憂悶を語るよう促す。皇太后は靖康の変から紹興の和議までの過酷な虜囚生活を語るが、重要な内容が故意に脱落していた―― ※第10回歴史・時代小説大賞にエントリー中です。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 19,274 最終更新日 2024.06.09 登録日 2024.05.25
※カクヨムにも掲載しています 赤壁の決戦にて曹操を破り勝利を得た孫権。勢いに乗った孫権は張遼が守る要衝の合肥に侵攻。 曹操軍きっての猛将と知られる張遼だったが、守備の兵は7000で加えてまともに連携が取れるかすら不安になるほど不仲の軍。対する孫権軍は10万を号する大軍。更に合肥を失うことは曹操にとって想定しうる中でも最悪の事態、絶対に退くことは出来ない…。 不仲の軍、失えない要地。絶対に負けられない戦いを前にして絶体絶命の危機!勝利は何処に⁉ 史に残る戦い、ここに開幕!!
24h.ポイント 21pt
小説 24,446 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 19,887 最終更新日 2024.06.09 登録日 2024.05.13
世にあるものは例ならず、類(たぐい)あること、うたてぞ見ゆる──。 三鏡 天比古(みかがみ あまひこ)は各地をめぐり、さまざまな事件に遭遇するが……。 物語の主人公は薬種問屋の奉公人/睦月 結之丞(むつき ゆいのじょう)です。 タイトルの読み方→みかがみそうし、よろづきぶん ※ 最初から感想欄は閉じてます。 ※ 明治初期くらいの時代設定です。下ネタ注意。第二章をお読みいただくと、タイトルの意味が判ります。 ※ ただいま不定期にて更新中なり。こちらの作品は[カクヨム]でも公開中です。
24h.ポイント 42pt
小説 16,427 位 / 185,483件 歴史・時代 184 位 / 2,379件
文字数 36,500 最終更新日 2024.06.05 登録日 2024.02.29
尾股城の姫君は、暇を持て余していた。そんな姫君に、ある献上品が届けられた…
24h.ポイント 21pt
小説 24,446 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 10,303 最終更新日 2024.06.02 登録日 2024.05.10
臨時廻り同心風見壮真は実家の離れで訳あって居候中。 本日も頭の上がらない、母屋の主、筆頭与力である父親から呼び出された。 実は腕も立ち有能な同心である壮真は、通常の臨時とは違い、重要な案件を上からの密命で動く任務に就いている。 この日もまた、父親からもたらされた案件に、情報屋兼相棒の翔一郎と解決に乗り出した。 ※完結しました。
24h.ポイント 149pt
小説 7,242 位 / 185,483件 歴史・時代 116 位 / 2,379件
文字数 17,502 最終更新日 2024.06.01 登録日 2024.05.30
秦宜禄(しんぎろく)という人物をしっていますか? 三国志演義(ものがたりの三国志)にはいっさい登場しません。 正史(歴史の三国志)関羽伝、明帝紀にのみちょろっと顔を出して、どうも場違いのようなエピソードを提供してくれる、あの秦宜禄です。 はなばなしい逸話ではありません。けれど初めて読んだとき「これは三国志の暗い良心だ」と直感しました。いまでも認識は変わりません。 たいへん短いお話しです。三国志のかんたんな流れをご存じだと楽しみやすいでしょう。 関羽、張飛に思い入れのある方にとっては心にざらざらした砂の残るような内容ではありましょうが、こういう夾雑物が歴史のなかに置かれているのを見て、とても穏やかな気持ちになります。 それゆえ大きく弄ることをせず、虚心坦懐に書くべきことを書いたつもりです。むやみに書き替える必要もないほどに、ある意味清冽な出来事だからです。
24h.ポイント 21pt
小説 24,499 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 2,930 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.31
13
歴史・時代 完結 ショートショート R15
格子の奥に、死んだ女房の姿を見た。 スッと血が引いた思いがして、頭の後ろのほうが重く痺れる。 なんだ、おめえは死んでからも廓から出られねぇのか。 年季はとっくの昔に明けただろう?どうしてまだそこに座って、客を取らなきゃならねぇんだ。 死んだ女房から逃げた男と、枯井戸から拾われた子のお話し。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 9,370 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.31
「もう半分の月は、どうしておるのでありんしょう?」 半月の晩、花魁の雛菊(ひなぎく)は他の見世の花魁・朝霧(あさぎり)に問い掛けられた。 そして二人だけの合言葉で、次第に秘密を深めていく。 ある事件をきっかけに、境目は徐々に溶け出して…。 花魁同士の密やかな百合とも、シスターフッドとも、幻想とも読める話です。
24h.ポイント 21pt
小説 24,446 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 8,621 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.31
激動の幕末、時代の片隅で身を立てる術を失ったひとりの碁打ちがいた。 失意の旅の最中に男は不思議な老人と出会う。 完結していますが少し修正中です。
24h.ポイント 21pt
小説 24,446 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 25,160 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.31
男は堕ちていた。身に余る大志に押しつぶされ、挫折から目を背け、堕落に身を沈めていく。 男には友がいた。周囲の期待と夢に応え、重圧をはねのけ前へ前へと邁進する友が。 江戸時代に生きる、真剣師と囲碁家元の跡目候補、二人の碁打ちの友情の物語。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 22,663 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.31
フランシスコザビエルを題材にした時代小説に挑戦しました。 出来るだけ史実に基づいてはおりますが、読みやすさを優先する為に、現代的な表現を多用しております。 ザビエルに寄り添う気持ちで、個人的な考察も入れていますが、私らしくポップでユーモラスな作品に仕上げました。多少脱線個所はありますが、既定の範囲を超えないように心掛けましたので、どうか宜しくお願いします。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 10,211 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.05.31
若き同心「春崎真之介」は、剣を抜かないことで周りから腰抜けと思われ、考えが甘い、頭に花が咲いていると春崎ではなく『花咲き』と呼ばれ揶揄されていた。一方、真之介と幼馴染の少女「お妙」は腕の立つ岡っ引きであった亡き父の敵を討とうと心に誓っていた。お妙は、父を殺した下手人を捕らえると約束してくれた真之介を信じていたが、花咲きと揶揄される彼にいら立ちを隠せずケンカ別れをして疎遠になってしまっていた。二人の距離はお妙がとある殺人の目撃者になったことから急速に縮まっていく。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 25,581 最終更新日 2024.05.30 登録日 2024.05.29
興国寺城主として大国今川家の駿河侵攻の先鋒をつとめる伊勢新九郎盛時は、優れた軍才の持ち主でありながら、人並外れて慎重な性格であった。彼は近在の寺の老僧秀実としばしば碁を愉しんだが、肝心なところで決め手となる一手を躊躇い、負けを重ねていた。その寺に小間使いとして働く楓という少女がいた。少女は盛時に仄かな憧れを抱き、盛時もまた可憐な少女を好もしく思っていたが、その性格が災いして最後の一歩を踏み出せずにいた。そんな折、堀越公方の「若御所」こと足利茶々丸が楓に目をつけて…。後に戦国の梟雄と呼ばれる北条早雲が、未だ北条早雲となる前の、秘められた悲恋の物語。
24h.ポイント 21pt
小説 24,499 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 18,676 最終更新日 2024.05.30 登録日 2024.05.29
(時代小説新人賞最終選考落選歴あり、別名義、別作品) 渋川春海に出会う前の村瀬義益、彼は剣鬼だった。佐渡奉行の元で働いていた父が、朋輩によって殺された。地下御前試合、大店の主人や大名家によって運営される、真剣による立ち合いの場に身を投じ、ここに参加しているという仇の姿を求めていた――
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 7,059 最終更新日 2024.05.30 登録日 2024.05.30
明治12年琉球処分があった直後の大阪、松島遊廓の用心棒、鳥辺野火夏はヤクザ者に襲われる青年、龍真魚と出会った。彼は琉球拳法の使い手で、不思議な技「縮地」を操った。真魚と火夏は意外にも気が合い、ともに武術修練を始める。やがて真魚の住む琉球商館がヤクザ者に襲われた。真魚は奪われた宝物を奪還に後を追った。それを知った火夏もまた真魚を追う。火夏は襲撃者賽王組の倉庫で真魚を見つけ、ともに賽王組を叩き潰して宝物を奪還した。そして火夏は、真魚が琉球宮家の護衛者で、清への亡命工作のために大阪にいることを知る。果たして真魚は宮家を無事に清への亡命をさせることができるのか。火夏はそれを助けられるのか。
24h.ポイント 42pt
小説 16,434 位 / 185,483件 歴史・時代 183 位 / 2,379件
文字数 32,500 最終更新日 2024.05.29 登録日 2024.05.29
三ツ池屋を訪ねた芝寺子屋師匠菊池三之亟は、店前で取り囲まれる久保田藩目付け滝沢を助ける。 藩米の汚職騒動の助けに入るおせっかい三之亟の、機転と剣が冴え渡る。 江戸の町にこんな寺子屋師匠がいるのも、頼もしい限りで
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 10,476 最終更新日 2024.05.27 登録日 2024.05.27
芝の寺子屋師匠菊池三之亟が、どんなに強いかと、どんなふうに話したら、北町奉行にわかってもらえるかと、与力権田十郎が迷ったのはこの年の卯月のことであった。 類を見ない飛鳥のような剣裁きであったからだ。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 10,203 最終更新日 2024.05.27 登録日 2024.05.27
【目次】 第1話『間男』 年下純朴男子×年上訳ありビッチの両片思い 第2話『いおり』 年下ワンコ系×孤独な君主の身分差悲恋 第3話『くれなゐ心中』 浮気性のメンヘラ天才絵師×尽くす系男子の愛憎劇 第4話『重蔵の恋始末』 陽キャ幼馴染×失恋したての傷心ノンケの一晩の過ち 第5話『仇討ち裁きの調べ』 兄に下心を抱く腹違いの弟×愛を渇望する兄の非業の恋 第6話『菊禍物語』 人の心がないサイコパス極道×心優しき不遇な美男子の、金と血に結ばれた関係 【あらすじ】 時は江戸時代。 髪結いの良次は、ひとつ屋根の下に暮らす情夫の忠弥が、たびたび男妾として体を売ることに嫉妬心を募らせていた。 しかし、忠弥の妾稼業を承知のうえで抱かせる約束を交わしていた良次は、己の嫉妬心をひた隠しにしていた。 一方、忠弥も愛を欲する心を体の欲で満たしていたが、良次に対して無性に独占したい想いを募らせてゆく。 江戸を舞台にした男たちの、愛と災禍の短編集。 作画:にん様(【X】@ninnin8020)
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 63,091 最終更新日 2024.05.27 登録日 2024.04.27
25
歴史・時代 連載中 短編 R18
場所は江戸。 昨今、世間を騒がせていたのは『白刃の斬裂き男』と呼ばれる殺人鬼である。 彼には信念は無く、ただただ斬るのが楽しいだけ。 もっとも女には逆らえないようだが。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 8,377 最終更新日 2024.05.26 登録日 2024.05.24
26
歴史・時代 連載中 ショートショート
 壇ノ浦の戦い、自らの子が海に沈みゆくところを見ていることしかできなかった。徳子も重いしを懐に忍ばせて、重い着物が水を吸って沈みゆく水の中へ死んでいくつもりだったのだ。海の底の竜宮城で徳子は安徳天皇と幸せに暮らすつもりだったのだ。  落ち行く平家の中で生き残った平家のプリンセス、徳子の人生の話。 『定められた人生が不幸だとは限りません、私は泥の中でも咲く花になりとうございます』  強く、美しく、賢い徳子の人生とは…
24h.ポイント 21pt
小説 24,499 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 1,930 最終更新日 2024.05.24 登録日 2024.05.24
慶長十五年、晩秋の出羽山形。二人の若武者が城を抜ける相談をしていた。兄・百鬼丸と弟・美童丸。大伯父・最上義光に重用されない不満から上方へ向かおうとする百鬼丸に追随すると言う美童丸は、領内を出る前にある物を入手したいと願った。それは最上家重代伝わる銘刀「鬼切」であるという。開かずの蔵から「鬼切」を持ち出そうとした兄弟は企てが発覚し、謹慎処分を食らったのだったが―。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 21,641 最終更新日 2024.05.20 登録日 2024.05.20
クソ真面目なため、不器用にしか生きられない若者がいた。しかしそのクソ真面目が意外な展開を見せて、志郞という武士にあたらしい世界を見せることになった。クソ真面目な新しい世界に、入れ替わったことで妻として会うことになる賢明な女性が登場する。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 23,846 最終更新日 2024.05.19 登録日 2024.05.19
享保元年、長崎の庶民の関心は、「くんち」というお祭りだったと言っていい。古着屋の娘お糸も、くんちの噂を聞いて、許嫁の正吉とくんちに行くのを心待ちにしていた。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 14,504 最終更新日 2024.05.18 登録日 2024.05.18
 辻斬り御家人 伊織  雨が降ると伊織の頭の中に、地を揺るがす太鼓に合わせ、甲高く鋭い笛が響き、鬼がやって来る。きりきりと猛烈な痛みが頭を襲い、失神しそうになる。そして、それが時として辻斬りへと自分を誘ってしまうのだ。  
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 8,890 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
座頭の和一   世の中の強欲な輩は、好色でもあると相場は決まっているが、座頭和一のそれは並外れている。並みの人間が勝てるはずはなかったのだが。  
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 9,390 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
 絵師   梅島彩庵 枕絵と好色、むつみ合いが梅嶋彩庵の世界の全体だった。   こんな絵師が江戸にもいたのである。金のために堕ちてゆく彩庵と悪党。芝七軒町鍵屋長屋、寺子屋師匠菊池三之亟との対決は思わぬ方向に流れてゆく。   
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 8,053 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
板前 三次  十四歳でおやじの無念の死に顔を見た三次は、どんなことをしても腕のいい板前になろうと決意していた。二度と無念な姿を晒したくは無かった。   
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 8,716 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
安中藩大内平三郎の生活が荒れ、狂気の沙汰が始まったのは、二年前に父、そして昨年母を亡くしてからだったろう。 唯一の親族、父の弟叔父とも折り合いがよくなかった。両親が健在な時には,平三郎の凶暴な性格もおさまっていたが、このところは酒と,北川向こうの岡場所で、放埓の毎日であった。そんな平三郎が何とか勘定方を務められたのは、たぐいまれな勘定の才覚があったからである。
24h.ポイント 21pt
小説 24,446 位 / 185,483件 歴史・時代 266 位 / 2,379件
文字数 10,203 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
第五話      いかさま賭博 丁半博打さえ知らぬ、寺子屋師匠菊池三之亟が、博打場で大立ち回りをするとは。人の世は面白いものである。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 9,784 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
江戸。 喜介は盲目の介錯人。元々は武士として、江戸城の番方を務めていた。同時に剣術道場の師範代を務めるほどの剣の実力の持ち主だった。 ある日、賊が自宅に押し入り、妻と娘が殺害される。喜介も両目を負傷し、盲目となる。 突如妻子を失い、視力を失くした喜介は、絶望の淵に沈むが、死ぬ気力も起きない廃人のような状態に陥った。 そんな喜介に、幕府は介錯人になることを命じる。喜介は迷った末にその話を受ける。喜介には、ある思惑があったのだ。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 16,296 最終更新日 2024.05.16 登録日 2024.05.16
「遊びすぎ、神田の大店両替商越後屋を勘当された、長男幸太郎が、何と実の妹八重をかどかわし、亡き者にせんと、香具師泉屋の六郎に依頼する。事は深川浪人原田から、無頼浪人橋本、上原が実行する。なんとか廃寺からに逃げた八重が記憶喪失のまま芝 七軒町鍵屋長屋の新発田藩浪人、加藤一ノ辰や、旗本三男坊寺子屋師匠菊池三之亟、長屋隣、大円寺宝蔵院流槍の名手にして和尚の大覚法円、芝の岡っ引き琴屋の徳蔵らの活躍で、乱闘の末、決着する。ー江戸 元禄 人模様  寺子屋師匠 菊池三之亟事件控え 第一シリーズ53話の第一話である」
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 11,798 最終更新日 2024.05.15 登録日 2024.05.15
なしてやろうか。雪が降り出したごたるーー。 昭和二十年の真夏の夜に、とある浦上カトリック信者を待っていたものとは。 この作品は「エブリスタ」にも投稿掲載しております。
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 3,805 最終更新日 2024.05.12 登録日 2024.05.09
ふたつの身体にひとつの魂
24h.ポイント 0pt
小説 185,483 位 / 185,483件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件
文字数 8,034 最終更新日 2024.05.09 登録日 2024.05.06
跡目争いが決着せず、改易の危機にある伊那代藩。 唯一の生き残り策は、将軍の養女となった老中の姫に婿として認めてもらうこと。 能と武術にしか興味のないうつけの若殿は、姫に認められるのか。 一方、若殿の後見役でもある叔父は切れ者として藩政を牛耳り、藩主の座を狙う。 おっとり姫とちゃきちゃき腰元のコンビ(実は反対)が、危機を救うのか、それとも潰すのか。 架空の藩、実在の人物はなし。箸休め的なお気楽時代劇。
24h.ポイント 63pt
小説 12,912 位 / 185,483件 歴史・時代 159 位 / 2,379件
文字数 28,964 最終更新日 2024.05.06 登録日 2024.04.16
369 12345

アルファポリスの歴史・時代小説のご紹介

アルファポリスの歴史・時代小説の一覧ページです。
架空戦記から時代ものまで様々な歴史・時代小説が満載です。
人気のタグからお気に入りの小説を探すこともできます。ぜひお気に入りの小説を見つけてください。