吉原遊郭小説一覧

19
1
ライト文芸 連載中 長編 R15
飽くなき欲望により煌々と輝く吉原遊郭。その吉原において最高位とされる遊女である夕顔はある日、八助という男と出会った。吉原遊郭内にある料理屋『三好』で働く八助と吉原遊郭の最高位遊女の夕顔。決して交わる事の無い二人の運命はその出会いを機に徐々に変化していった。そしていつしか夕顔の胸の中で芽生えた恋心。だが大きく惹かれながらも遊女という立場に邪魔をされ思い通りにはいかない。二人の恋の行方はどうなってしまうのか。 ※この物語はフィクションです。実在の団体や人物と一切関係はありません。また吉原遊郭の構造や制度等に独自のアイディアを織り交ぜていますので歴史に実在したものとは異なる部分があります。
24h.ポイント 200pt
小説 6,027 位 / 183,886件 ライト文芸 129 位 / 7,332件
文字数 67,284 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.04.15
2
恋愛 連載中 長編 R18
目が覚めたらそこは吉原でした… 吉原…かつて女の人が働いていた場所。 花魁と呼ばれる人たちが色をなしていた場所。 ある日私はそんな世界で目を覚ました。 「おい、アンタ…」 「?」 「そこのお前だよ。こんなところで何してる?」 私が迷いこんだのは花魁たちの世界。 だけど…私が知ってる「その場所」とは少し違うみたいで… 恋に落ちた時…確かに音がした。 綺麗に澄んだ鈴のような音。 この恋はきっと報われない恋でしょう。 だけど…どうか許してほしい。 一度落ちたらもう後は堕ちるだけだから さぁ…始めましょう。 私の初めての恋をあなたと秘密の吉原で…
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 恋愛 55,988 位 / 55,988件
文字数 28,546 最終更新日 2024.03.31 登録日 2023.06.25
3
恋愛 連載中 長編 R18
江戸時代の吉原を舞台にした花魁小説です。 昔、まだデビュー前の好きなアイドル達を見ていて、まるで遊郭の遊女や花魁達の世界のようだと思い安野モヨコ先生の「さくらん」を参考にして書き始めました。出てくるキャラクターの名前などかなりオマージュしていて、ある意味二次創作ですが、一応オリジナルのつもりです。 時代的には1750年代、徳川家重時代くらいのイメージですが、実在しない老中が出てきたりします。 王子様が助けてくれるお話ではなく暗く辛いシーンもあるので(救いはあるつもりです)ご了承頂ければと思います。 色々細かい部分は目をつぶって読んで頂けたら嬉しいです。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 恋愛 55,988 位 / 55,988件
文字数 168,202 最終更新日 2024.03.25 登録日 2023.01.11
─── あらすじ 時は宝暦。 御上の厳しい改革により、江戸最大の色街・吉原遊廓は存亡の危機に陥っていた。 多くの遊女屋は廃業を強いられ、女郎や従業員達の行き場は無くなり、路頭に迷う者が続出した。 【夕風屋】の筆頭花魁・吉野はその悲劇を打開すべく、馴染みの客たちに協力を仰いだ。 幕府に対する反対の声を受けて、御上は改革を断念。遊郭は徐々にかつての栄光を取り戻していった。 その後の吉原の存続は許され、売春防止法が成立するまでの200年間続けられた。 お客のみならず、女郎たちから慕われてきた吉野が如何にして羅生門河岸の切見世女郎から最高位の花魁へ登り詰めることが出来たのか。その壮絶な人生のストーリーを解き明かす。 ─── *注意 吉原遊廓の遊女を主人公にしている為、性的表現が多く出て参ります。「※」と章前に記載することにします。しかし、規制は一切しませんことをご了承ください。 また、性的表現のみならず、心中表現、客から遊女に対する暴力描写もございますので、お読みになられる際はご注意願います。
24h.ポイント 21pt
小説 24,626 位 / 183,886件 歴史・時代 143 位 / 2,107件
文字数 233,360 最終更新日 2024.02.17 登録日 2021.01.01
5
BL 連載中 長編 R15
現代に吉原がある世界。 吉原一と呼ばれた花魁がある日突然姿を消した。 その花魁は「伝説の花魁」と呼ばれ、数年経った今でも人々の記憶に残り続けている。 その中で頭を悩ませる男が1人。 「一体いつになったら俺のこと、忘れられるんだ!?」 元吉原一と呼ばれた男は、地味にひっそりと会社員として過ごしていた。 しかし、その平穏な日常も花魁の正体を知る元客だった男に再会したことで脅かされることになる。 伝説の花魁と呼ばれた男と、その花魁を引退することになった原因の男が出会い、止まっていた時が動き出す・・・!
24h.ポイント 14pt
小説 29,394 位 / 183,886件 BL 7,476 位 / 23,942件
文字数 13,260 最終更新日 2023.11.29 登録日 2023.10.31
とある妓楼で起こった醜聞を廻る、 恋愛+シスターフッドの連作短編最終話。 浜風花魁の名代として上がった座敷で、妹女郎ふたりは貝合わせをしていた。 その勝負が着いた後、交わされた言葉とは……。 醜聞の前日譚です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 1,307 最終更新日 2023.05.31 登録日 2023.05.31
とある妓楼で起こった醜聞を廻る、 恋愛+シスターフッドの連作短編第二話。 醜聞を描いて売れっ子になった浮世絵師は、稲尾花魁の部屋に入り浸っていた。 けれど、ある日を境にぱたりと妓楼を訪れなくなり……。
24h.ポイント 21pt
小説 24,626 位 / 183,886件 歴史・時代 143 位 / 2,107件
文字数 600 最終更新日 2023.05.25 登録日 2023.05.25
とある妓楼で起こった醜聞を廻る、 恋愛+シスターフッドの連作短編第一話。 亮芳が若い衆として働く妓楼には、口八丁と醜聞で成り上がったと言われる花魁が居る。 けれど亮芳はそう思えず、長い間遠目から見詰め続けていた。 ある夜の道中で、花魁の下駄の鼻緒が切れてしまい……。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 5,340 最終更新日 2023.05.18 登録日 2023.05.18
 紀州に文吉という少年がいた。彼は拾われっ子で、農家の下男だった。死ぬまで農家のどれいとなる運命の子だ。  そんな文吉は近所にすむ、同じく下女の“みつ”に恋をした。二人は将来を誓い合い、金を得て農地を買って共に暮らすことを約束した。それを糧に生きたのだ。  しかし“みつ”は人買いに買われていった。将来は遊女になるのであろう。文吉はそれを悔しがって見つめることしか出来ない。  金さえあれば──。それが文吉を突き動かす。  下男を辞め、醤油問屋に奉公に出て使いに出される。その帰り、稲荷神社のお社で休憩していると不思議な白い玉に“出会った”。  超貧乏奴隷が日本一の大金持ちになる成り上がりストーリー!!
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 149,159 最終更新日 2022.06.20 登録日 2022.05.03
10
歴史・時代 連載中 長編 R15
 吉原お歯黒溝沿いの最下層遊女「私」 とお馴染みさんの行次。私の妊娠発覚で行次は大喜びで身受けに奔走するが…「私」の心の内とは…。 作者のほぼ自叙伝的小説。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 1,049 最終更新日 2021.10.13 登録日 2021.10.12
谷川に代わり筆頭となった吉乃井は、妹女郎・春糸との関係を考え倦ねていた。 それはその眸が、忘れえぬ絵師のものと似ているからかも知れなかった。 三部作の完結編です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 3,498 最終更新日 2021.05.30 登録日 2021.05.30
12
恋愛 完結 短編
安政4年、時は江戸時代末期。9歳の私は吉原へと連れてこられた。 そこで見かけた花魁道中……この世のものとは思えない美しさに一瞬で心を奪われた。 この出逢いが私の運命を決定づけた。 遊郭に売られた自分の悲運にくじけている場合ではない。やるならトコトンやってやる。 目指すは最上級遊女、花魁だ!! それから8年。 願いを成就させるためにいつものように神社で願掛けしていると、正体不明の謎の色男が話しかけてきた。 出逢ってそうそう、失礼なことばかり言ってくる男に嫌悪感を抱く…… だがこの男との出逢いこそが、私の今後の人生を大きく狂わせることとなるのだった─────……
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 恋愛 55,988 位 / 55,988件
文字数 36,910 最終更新日 2020.11.10 登録日 2020.11.10
コンセプトは色んな愛。時代は江戸幕府末期。舞台は遊郭吉原。仄暗いプロローグから始まりますが基本ギャグ多めのハピエンです。完結しました。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 108,245 最終更新日 2020.09.01 登録日 2020.08.24
江戸吉原は揚屋町の長屋に住む女髪結師のお吟。 日々の修練から神速の手業を身につけ韋駄天の異名を取るお吟は、ふとしたことから角町の妓楼・揚羽屋の花魁・露菊の髪を結うように頼まれる。 お吟は露菊に辛く悲しいを別れをせねばならなかった思い人の気配を感じ動揺する。 自ら望んで吉原の遊女となった露菊と辛い過去を持つお吟は次第に惹かれ合うようになる。 その二人の逢瀬の背後で、露菊の身請け話が進行していた―― イラストレーター猫月ユキ企画「花魁はなくらべ その弐」参加作。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 62,399 最終更新日 2019.12.07 登録日 2019.10.28
15
恋愛 連載中 短編
工事中
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 恋愛 55,988 位 / 55,988件
文字数 1,356 最終更新日 2019.11.25 登録日 2019.11.25
 面白い遊女がいると聞いて話の種にしようとやって来た作家の男と、千里眼を持つと噂される遊女のお話。
24h.ポイント 21pt
小説 24,626 位 / 183,886件 歴史・時代 143 位 / 2,107件
文字数 11,425 最終更新日 2019.05.17 登録日 2019.04.30
座敷持のときわ野は、ただ勤めを淡々とこなす日々を送っていた。 少し引っ掛かるのは、とある客のこと。 彼とはこの半年、一度も床入りが無いのだった…。 三部作の第二話。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 12,788 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.04.17
突出ししたばかりの遊女、春糸(はるいと)は出店の朝顔に目を留める。 それは彼の人の思い出の所為なのかもしれなかった。 春糸とその姉女郎、吉乃井の関係を軸に、大見世での遊女たちの日々を描く。 三部作の第一話。(この話で完結します) 『夢うつつ』の花魁、谷川も少し登場します。 【24.4.11 追記】 只今木曜に過去作品を順次公開中です!
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 13,419 最終更新日 2019.04.17 登録日 2019.04.17
田舎から売られて来た少女・おこうは、吉原の大見世で花魁付きの禿となる。 見世で禿から新造、遊女へと成長していく中で、繰り返し見る夢があった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,886 位 / 183,886件 歴史・時代 2,107 位 / 2,107件
文字数 9,049 最終更新日 2019.04.13 登録日 2019.04.13
19