吉原小説一覧

21
─── あらすじ 時は宝暦。 御上の厳しい改革により、江戸最大の色街・吉原遊廓は存亡の危機に陥っていた。 多くの遊女屋は廃業を強いられ、女郎や従業員達の行き場は無くなり、路頭に迷う者が続出した。 【夕風屋】の筆頭花魁・吉野はその悲劇を打開すべく、馴染みの客たちに協力を仰いだ。 幕府に対する反対の声を受けて、御上は改革を断念。遊郭は徐々にかつての栄光を取り戻していった。 その後の吉原の存続は許され、売春防止法が成立するまでの200年間続けられた。 お客のみならず、女郎たちから慕われてきた吉野が如何にして羅生門河岸の切見世女郎から最高位の花魁へ登り詰めることが出来たのか。その壮絶な人生のストーリーを解き明かす。 ─── *注意 吉原遊廓の遊女を主人公にしている為、性的表現が多く出て参ります。「※」と章前に記載することにします。しかし、規制は一切しませんことをご了承ください。 また、性的表現のみならず、心中表現、客から遊女に対する暴力描写もございますので、お読みになられる際はご注意願います。
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 233,360 最終更新日 2024.02.17 登録日 2021.01.01
2
BL 連載中 長編 R15
現代に吉原がある世界。 吉原一と呼ばれた花魁がある日突然姿を消した。 その花魁は「伝説の花魁」と呼ばれ、数年経った今でも人々の記憶に残り続けている。 その中で頭を悩ませる男が1人。 「一体いつになったら俺のこと、忘れられるんだ!?」 元吉原一と呼ばれた男は、地味にひっそりと会社員として過ごしていた。 しかし、その平穏な日常も花魁の正体を知る元客だった男に再会したことで脅かされることになる。 伝説の花魁と呼ばれた男と、その花魁を引退することになった原因の男が出会い、止まっていた時が動き出す・・・!
24h.ポイント 7pt
小説 34,816 位 / 183,804件 BL 8,686 位 / 23,925件
文字数 13,260 最終更新日 2023.11.29 登録日 2023.10.31
 時は四代将軍家綱の末期。  下馬将軍こと大老酒井忠清の専横は留まる事を知らず、これを苦々しく思う反酒井の幕閣は若年寄堀田正俊を中心に集まり、その暗闘は江戸城だけでなく、吉原や江戸の街を騒がさせていた。  そんな時代、一人の浪人が時代の荒波から浮かぶ。彼の名前は雑賀半兵衛。  生まれも筋も怪しく刀も下手なこの浪人、そばかす顔の昼行燈を気取っていたが、夜の顔は仕掛人。それもこの江戸でのご法度な鉄砲を用いた仕掛人である。  彼の仕事は奉行どころか幕府の耳に届き、十手持ちは血眼になって探す彼はもちろん幕閣の操り人形だった。  そんな折、酒井と堀田の対立は将軍家綱の病状悪化で決定的になる。  江戸城・大奥・江戸・吉原を舞台に伊賀忍者や甲賀忍者や柳生、さらに多くの人たちの思いをのせて今、半兵衛の火縄銃が火を噴く。
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 97,458 最終更新日 2023.06.26 登録日 2022.05.01
この物語の主人公は、越後の百姓の倅である。 本当は跡を継いで百姓をするところ、父の後釜に邪険にされ家を出たのであった。 江戸に出て、深川で飛脚をして渡世を送っている。 歳は十九、取り柄はすけべ魂である。女体道から女観音道へ至る物語である。 慶応元年五月、あと何年かしたら明治という激動期である。 その頃は、奇妙な踊りが流行るは、辻斬りがあるはで庶民はてんやわんや。 これは、次に来る、新しい世を感じていたのではないのか。 日本の性文化が、最も乱れ咲きしていたと思われるころの話。 このてる吉は、飛脚であちこち街中をまわって、女を見ては喜んでいる。 生来の女好きではあるが、遊び狂っているうちに、ある思いに至ったのである。 女は観音様なのに、救われていない女衆が多すぎるのではないのか。 遊女たちの流した涙、流せなかった涙、声に出せない叫びを知った。 これは、なんとかならないものか。何か、出来ないかと。 ……(オラが、遊女屋をやればええでねえか) てる吉は、そう思ったのである。 生きるのに、本当に困窮しとる女から来てもらう。 歳、容姿、人となり、借金の過多、子連れなど、なんちゃない。 いつまでも、居てくれていい。みんなが付いているから。 女衆が、安寧に過ごせる場を作ろうと思った。 そこで置屋で知り合った土佐の女衒に弟子入りし、女体道のイロハを教わる。  あてがって来る闇の女らに、研がれまくられるという、ありがた修行を重ねる。 相模の国に女仕入れに行かされ、三人連れ帰り、褒美に小判を頂き元手を得る。 四ツ谷の岡場所の外れに、掘っ立て小屋みたいな置屋を作る。  なんとか四人集めて来て、さあ、これからだという時に…… てる吉は、闇に消えたのであった。
24h.ポイント 63pt
小説 12,368 位 / 183,804件 歴史・時代 67 位 / 2,102件
文字数 143,827 最終更新日 2023.02.23 登録日 2023.02.04
時は慶応四年(1868年)。 大政奉還が行われたにも関わらず、迫る官軍の影に江戸の人々は怯え、一部の武士は上野寛永寺に立てこもって徹底抗戦の構えを見せている。 若き御家人・能谷桑二郎も又、上野へ行く意思を固めていた。 吉原へ一晩泊り、馴染みの遊女・汐路と熱い一時を過ごしたのも、この世の未練を断ち切る為だ。 翌朝、郭を出た桑二郎は、旧知の武士・戸倉伊助が「田吾作」と名乗る奇妙な女衒相手に往来で刀を抜き、手も足も出ない光景を目の当たりにする。 長い六尺棒を豪快に振るう田吾作の動きは何処か薩摩・示現流を彷彿させるもので、もしや密偵か、と勘繰る桑二郎。 伊助の仇を打つ名目で田吾作に喧嘩を売るものの、二人の戦いの行方は、汐路を巻き込み、彼の想定とは違う方向へ進んでいくのだった……。 エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+にも投稿しております。
24h.ポイント 42pt
小説 15,809 位 / 183,804件 歴史・時代 100 位 / 2,102件
文字数 10,549 最終更新日 2022.09.29 登録日 2022.09.26
「近頃、江戸に『隠し神』というのが出るのをご存知ですかな?」  吉原と江戸。  夜の町と昼の町。  賑やかなふたつの町に、新たなる事件の影が――。
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 40,753 最終更新日 2022.07.06 登録日 2022.05.30
 鈴子は、15歳で借金を返す為に遊郭に身売りされています。けれど、ひょんな事から、伯爵令嬢に転身。社交界デビューするが……ひえっ!園遊会デビュー?噓でしょう? 華族や軍人が活躍するドラマチックなご時世。鈴子は、錦旗革命の計画を知り、密かに皇室へ知らせます。時代の嵐に翻弄された鈴子のたどりついた「幸せ」とは?史実を背景にした物語です。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 歴史・時代 2,102 位 / 2,102件
文字数 76,210 最終更新日 2022.06.30 登録日 2022.05.31
江戸時代にも徒党を組んで大きな詐欺を企てる、詐欺師集団がいた。 この物語の徒党の頭の名前は座頭。 100両もの金をだまし取る詐欺を成功させたのに、彼の心は憂鬱で晴れなかった。 そんな時、仲間の夕凪がこれ以上大きな金額を稼ぐには吉原で太夫でも育てるんだと言い出したことで、座頭が本当に太夫を作ると言ったからさぁ大変。 100両以上稼ぐんだから、普通の女ではダメということで座頭が目を付けたのは、丁稚奉公先で主に襲われて丁稚奉公先を逃げ出し浅草寺でスリをはたらくほど落ちぶれてしまった総司という元服前の前髪を落としていない男だったのだ! 襲われたことで大の男嫌いになった故に、絶対に男に抱かれたくないから愛だ恋だの気持ちに流されて抱かれることはないと。 吉原で唯一男に身体を売らない、抱けない太夫の伝説が始まった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 歴史・時代 2,102 位 / 2,102件
文字数 36,176 最終更新日 2022.06.05 登録日 2021.05.31
9
恋愛 完結 長編 R15
奨学金返済のために昼の事務職と夜のキャバ嬢の二重生活の果てに無事完済したものの、過労で死亡。 仕事の息抜きでしていた乙女ゲーム『華族ロマネスク』の世界に転生してしまったが、超世間知らずが故に、ヒロインの登紀子は既にバッドエンドの吉原ルートに直行。借金完済まで逃げられなくなってしまっていた。 前世でも借金に喘いでいたのに、現世でもこれかよ!? キレた登紀子改めときをは、助けに来ない攻略対象なんぞ知らんと、吉原で借金完済のために働きはじめた。 しかし攻略対象ヤンデレオンリーな中で、唯一の癒やし要員兼非攻略対象の幸哉と再会を果たしてしまい……。 なんちゃって大正時代を舞台に、信じられるのはお金のみな守銭奴ヒロインと、優しい故に影が薄い元婚約者の恋愛攻防戦。 サイトより転載になります。 ピクシブでも公開中。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 恋愛 56,023 位 / 56,023件
文字数 54,751 最終更新日 2021.12.08 登録日 2021.12.01
10
歴史・時代 連載中 長編 R15
 吉原お歯黒溝沿いの最下層遊女「私」 とお馴染みさんの行次。私の妊娠発覚で行次は大喜びで身受けに奔走するが…「私」の心の内とは…。 作者のほぼ自叙伝的小説。
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 1,049 最終更新日 2021.10.13 登録日 2021.10.12
 町外れの廃寺で暮らす那津(なつ)は絵を描くのを主な生業としていたが、評判がいいのは除霊の仕事の方だった。  新吉原一の花魁、桧山に『幽霊花魁』を始末してくれと頼まれる那津。  エセ坊主、と那津を呼ぶ同心、小平とともに幽霊花魁の正体を追うがーー。  ※小説家になろうに同タイトルの話を置いていますが。   アルファポリス版は、現代編がありません。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 歴史・時代 2,102 位 / 2,102件
文字数 85,546 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.05.18
12
恋愛 完結 短編
安政4年、時は江戸時代末期。9歳の私は吉原へと連れてこられた。 そこで見かけた花魁道中……この世のものとは思えない美しさに一瞬で心を奪われた。 この出逢いが私の運命を決定づけた。 遊郭に売られた自分の悲運にくじけている場合ではない。やるならトコトンやってやる。 目指すは最上級遊女、花魁だ!! それから8年。 願いを成就させるためにいつものように神社で願掛けしていると、正体不明の謎の色男が話しかけてきた。 出逢ってそうそう、失礼なことばかり言ってくる男に嫌悪感を抱く…… だがこの男との出逢いこそが、私の今後の人生を大きく狂わせることとなるのだった─────……
24h.ポイント 14pt
小説 28,491 位 / 183,804件 恋愛 12,155 位 / 56,023件
文字数 36,910 最終更新日 2020.11.10 登録日 2020.11.10
JUN
 国家老嫡男の秀克は、藩主御息女との祝言の話が決まる。なんの期待もなく義務感でそれを了承した秀克は、参勤交代について江戸へ行き、見聞を広めよと命じられた。着いた江戸では新しい剣友もでき、藩で起こった事件を巡るトラブルにも首を突っ込むことになるが、その過程で再会した子供の頃に淡い恋心を抱き合っていた幼馴染は、吉原で遊女になっていた。武家の義務としての婚姻と、藩を揺るがす事件の真相究明。秀克は、己の心にどう向き合うのか。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 歴史・時代 2,102 位 / 2,102件
文字数 46,984 最終更新日 2020.06.13 登録日 2020.05.20
ここは𠮷原遊廓 女の涙と男のお金でできた街 床入りをした男と女しかわからない情事 吉原をこよなく愛する藤十郎が体験した吉原遊廓の話 この話はフィクションです
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 10,914 最終更新日 2020.06.02 登録日 2020.05.29
侍と吉原ーの太夫の切ない恋。 R18は念のため。 以前別の小説サイトに掲載していた作品ですが、こちらに載せるに当たり、加筆修正してあります。 大きなテーマが【お江戸物語】 スピンオフの話も順次掲載予定です。 拙い文章ですが、少しでも江戸の世界を感じていただけたら幸いです。
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 83,925 最終更新日 2020.04.20 登録日 2020.03.29
16
歴史・時代 完結 ショートショート
二人の男が小塚原刑場で斬首された。 一人は大店・淡路屋の若旦那。 もう一人は吉原で遊女と客との間に交わされる手紙を仲介する文使いの男。 なぜ二人は処刑されたのか。 四郎兵衛会所の伊助に吉原京町町名主の惣吉が明かす秘め事とは。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 歴史・時代 2,102 位 / 2,102件
文字数 4,931 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.28
 湯飲みの中に茶柱が立つとき,男は肩を落として深く溜息をつく ――  吉原大門を左右から見張る顔番所と四郎兵衛会所。番所詰めの町方同心・富澤一之進と会所の青年・鬼黒。二人の男の運命が妓楼萬屋の花魁・綾松を中心に交差する。  男たちは女の肌に秘められた秘密を守ることができるのか。
24h.ポイント 21pt
小説 23,925 位 / 183,804件 歴史・時代 158 位 / 2,102件
文字数 97,708 最終更新日 2019.03.22 登録日 2019.03.22
 時は江戸。明暦の大火と呼ばれる大火事に江戸は見舞われた。しかし、遠く離れた土地では、そんな大事も風の噂に過ぎない。とある山里に住む無邪気な少女・お玉の下には、ある日、兄の形見と金子を持った男が尋ねてきて・・・一人の少女が遊里の中で、人として女として変貌を遂げていく。
24h.ポイント 0pt
小説 183,804 位 / 183,804件 歴史・時代 2,102 位 / 2,102件
文字数 37,521 最終更新日 2018.06.07 登録日 2018.04.30
19
歴史・時代 連載中 長編 R15
江戸・吉原。 朝陽と共に眠る街で紡がれる物語。 なお、明確な描写は一切ございませんが物語の設定上、念のためR15指定をつけております。
24h.ポイント 42pt
小説 15,809 位 / 183,804件 歴史・時代 100 位 / 2,102件
文字数 8,958 最終更新日 2018.05.06 登録日 2017.05.21
20
恋愛 連載中 長編 R15
「相良那月、18歳。 男吉原の用心棒になりました!?」 ただの女子高校生がタイムトリップして辿り着いたのは女達が一夜の夢を求め、男を買う島。 そんな島の一大遊郭『天屋』の楼主に気に入られた那月は天屋の用心棒にならないかと誘われる。 元の時代へ帰る方法を探すまでの間、天屋に身を寄せる事を決意した那月だったが、男娼達は一癖も二癖もある強者ばかりだった。 *内容の改変により、新しく書き直しました。
24h.ポイント 7pt
小説 34,816 位 / 183,804件 恋愛 15,189 位 / 56,023件
文字数 14,689 最終更新日 2018.03.19 登録日 2018.03.13
21
恋愛 連載中 長編
その昔 吉原遊廓という今で言う風俗のようなところがありました。 ある日 萌葱(もえぎ)を指名するお客さんが入りました。 それは萌葱が5日前、店のおつかいを頼まれている最中にぶつかって喧嘩になった男でした。 表紙絵 胡麻 菌さん(@kinokotoyama) 2018/2/1 萌葱編
24h.ポイント 7pt
小説 34,816 位 / 183,804件 恋愛 15,189 位 / 56,023件
文字数 763 最終更新日 2018.02.01 登録日 2018.01.31
21