魔力のある異世界小説一覧

5
1
恋愛 完結 短編
妹の代わりに嫁ぐ事になった私、エスメラルダ。 だがその相手アルカディスは、毎夜女を泣かせるサディストと悪評高き人物だった。 そして不安の中、私は初夜を迎える事になるが…彼はそこで思わぬ反応を見せる。 更にその後、夜になると彼の部屋から女の声が聞こえる事に私は気付いてしまう。 どうやら夫アルカディスには、何やら秘密があるようで─!? (1万字以上と少し長いので、短編集とは別にしてあります。)
24h.ポイント 205pt
小説 5,531 位 / 183,806件 恋愛 2,455 位 / 56,024件
文字数 10,785 最終更新日 2024.04.05 登録日 2024.04.05
2
恋愛 完結 短編
現在、隣国に留学中の私。 すると私が不在の間に、婚約者ガルディア様と妹のリリララが恋仲になったと言う話が届く。 何と二人は、私が居るにも関わらず新たな婚約関係を結ぶ事を約束して居るらしい。 そんな裏切りに傷付く私だったが…使用人を務めるロベルトが、優しく慰めてくれる。 更には、追い求めて居たある物が漸く見つかり…私にも希望の光が見えて来て─? (1万字以上と少し長いので、短編集とは別にしてあります)
24h.ポイント 198pt
小説 5,692 位 / 183,806件 恋愛 2,521 位 / 56,024件
文字数 10,528 最終更新日 2024.02.26 登録日 2024.02.17
3
恋愛 完結 長編 R15
クリスティル王国の公爵令嬢ジャンティーヌは、婚約者で王太子のアーロンからこの国を滅ぼそうとした罪を掛けられてしまう。 全く身に覚えのない罪を掛けられたジャンティーヌは、どういう事かとアーロンに問いかける。するとどうやら占い師でもある伯爵令嬢、マリアンの占いにより、ジャンティーヌがこの国を滅ぼすという結果が出たとの事。 アーロンがマリアンに熱を上げている事は理解していたが、いくら何でもその様な根拠のない理由で、自分に罪を着せるだなんて…と、呆れるジャンティーヌ。そんな彼女を他所に、アーロンはジャンティーヌをあろう事か、魔女が支配する国、グリーズン王国への追放を決めてしまう。 “私がこの国を滅ぼすとおっしゃいましたね…その未来、必ず実現して差し上げますわ…” 追放される寸前、ジャンティーヌは最後の強がりからアーロンたちにそう言い残した。 追放後、あいつらだけは、絶対に許さない!そう強く思ったジャンティーヌだが、意識がもうろうとし、襲い掛かって来る魔物たちになすすべもない。このまま死ぬのか…と覚悟したジャンティーヌ。 だが、そんな彼女を助けてくれたのは、グリーズン王国の王子、ジルドだった。 ジルドやその家臣、さらにジルドの姉、第一王女のシルビアの優しさに触れるジャンティーヌは、彼らを助けたいと強く思う様になっていく。 1000年に一度の魔力持ちと言われたジャンティーヌ、グリーズン王国を救うため、かつて聖女だった魔女と戦う事を決意するのだが、現実はそう甘くなくて… ※ざまぁ系が書きたくて書いてみました。 よろしくお願いしますm(__)m
24h.ポイント 241pt
小説 4,770 位 / 183,806件 恋愛 2,145 位 / 56,024件
文字数 109,004 最終更新日 2023.11.29 登録日 2023.10.20
4
BL 連載中 長編 R18
僕はメル・アスカード。柔らかな髪質の明るい茶髪に緑の瞳という、前の僕とは似ても似つかない容姿をしている。 そう、僕には前世の記憶がある。地球という星に住む日本人で社畜だった。 働き過ぎで倒れた僕が次に目にしたのは、真っ白な不思議な空間で綺麗な容姿をした自称:愛の女神だった。 「ハアーイ!初めましてね、可愛い坊や♡」 なんともノリの軽い女神様曰く、僕は過労で倒れてそのまま亡くなったのだとか。 僕が望めば女神様が収める異世界に転生させて貰えると言う。何やらその世界には女神様の趣味が詰まっているらしいが、夢のスローライフを送るため異世界転生を決めた僕の意識は、そこでぷつりと途切れた。 そうして僕は新たにこの世界で生まれ、メルと名付けられた。 魔力あり、女神趣味満載のファンタジーな世界で、主人公が様々な愛を知っていく様子を書くつもりです!完全見切り発車で語彙力皆無のなか執筆中ですが温かく見守ってください。亀更新です、ごめんね🙏 R注意の話には「*」付きます。 【お知らせ10/2】 執筆途中ですが結末がおぼつかない状態で、本来の目的から外れた話になってしまっている為、一時休載致します。話が纏まり、納得のいく状態になり次第連載を再開します。申し訳ございませんが、今暫くお待ちください🙇
24h.ポイント 21pt
小説 23,929 位 / 183,806件 BL 5,765 位 / 23,925件
文字数 18,354 最終更新日 2023.09.29 登録日 2023.09.08
5
恋愛 完結 短編
魔力が大好きな伯爵令嬢、ティアは毎日魔力の勉強に精を出していた。そんな中父親から、自国の第三王子が呪いをかけられ苦しんでいる事。さらに、魔力量が多く魔力大国キブリス王国の血を引くティアに、王子の呪いを解いて欲しいと、国王直々に依頼がったと聞かされた。 もし王子の呪いを解く事が出来れば、特例として憧れの王宮魔術師にしてくれるとも。 元々呪いに興味を持っていたところに、王宮魔術師という言葉も加わり、飛びつくティアは、早速王子の元に向かったのだが… ※5万5千文字程度のお話しです。 よろしくお願いしますm(__)m
24h.ポイント 191pt
小説 5,864 位 / 183,806件 恋愛 2,608 位 / 56,024件
文字数 55,752 最終更新日 2023.03.12 登録日 2023.02.23
5