平木明日香

平木明日香

毎日1話更新! ※思いついたものから更新するため、どの作品の話を更新するかは未定ですが、必ず1話は更新しています。また、自分では絶対に扱えない作品を読むのが好きです。
52 123
年に一度の筆記試験に失敗した『見習い天使』勅使河原サユリは、下界への修行を言い渡される。 下界での修行先と住まいは、夏木りんという先輩天使の家だった。 りんは彼女に天使としての役目と仕事を指導する。 魔族との戦い。 魔法の扱い方。 天使の持つ「属性」について。 下界に転送され、修行を重ねていく最中、街に出現した魔族が暴走している場面に遭遇する。 平和だったはずの烏森町で暗躍する影。 人間の魂を喰らう魔族、「悪魔」と呼ばれる怪物が彼女の目の前に飛来してきた時、彼女の中に眠る能力が顕現する。 ——痛快バトルファンタジー小説 ここに開幕!!
24h.ポイント 214pt
小説 5,798 位 / 187,420件 ファンタジー 921 位 / 42,936件
文字数 171,614 最終更新日 2024.07.20 登録日 2023.10.29
世界には四つの大陸があり、それぞれの大陸において【シスエレメント】と呼ばれる巨大な魔鉱石が存在していた。 北の大陸には青のシスエレメント。 東には赤。 西には黄色。 そして、南には緑が。 世界は四つのシスエレメントによって均衡が保たれており、それは数千年もの間、【世界の秩序】として言い伝えられ、世界に於ける「天理」として、人々の教えの中に守られ続けてきた。 かつていくつかの戦争があったが、それは大陸間戦争の記録として今日の文献に残っており、それぞれの国の領土を広げるために起こった“人間同士の戦い”であったと伝えられている。 北の大陸、コルリウス 東の大陸、イーフリート 西の大陸、グレートウォール 南の大陸、ディアボロス それぞれがぞれぞれの大陸において独自の生態系を築き、四つのシスエレメントが持つ魔力の恩恵を受けながら、豊かな暮らしと裕福な歴史を送ってきた。 創始暦2101年。 人間たちは自らの住む大陸を守るべく、それぞれのシスエレメントの恩寵にまつわる“魔法軍事帝国”を築き上げてきた。 かつての大陸間戦争は、四つのシスエレメントを巡る戦いであった。 しかし未だ大陸を超えてシスエレメントの領域が侵された歴史はなく、四つの大陸に拠点を置く国々は平和を保ち続けられてきたと言える。 東の大陸、イーフリートの中心にある軍事国家、ガルバディアの傭兵養成学校は、優れた魔法生を育成するべく、「バトルロード」と呼ばれる独自の傭兵訓練システムを構築していた。 世は戦乱の時代だった。 イーフリートに隣接する大陸、ディアボロスを支配する“グラシアル聖国”が、各大陸への宣戦布告を実施したのだ。 彼らは独自の科学技術によって開発した『人工魔鉱石』という黒色のシスエレメントを生み出し、それを人間に埋め込むことで、“ブラックタール”と呼ばれる魔物を数多く製造していた。 ブラックタールは本来の人間の能力を大きく超える代わりに、理性を失い、異形の怪物へと変化することが明らかになっていた。 そして、最も特筆すべきは、ブラックタールはあらゆるシスエレメントを取り込むことができる“変異細胞”を持っているという点だった。 グラシアル聖国はこの特性を利用し、各大陸にある3つのシスエレメントを奪おうと、ブラックタールを“兵器”として送り込むことを画策するが…
24h.ポイント 14pt
小説 29,460 位 / 187,420件 ファンタジー 4,044 位 / 42,936件
文字数 4,033 最終更新日 2024.07.19 登録日 2024.07.16
古来より人々の間では、「精霊」と呼ばれる、草木、動物、人、無生物、人工物などひとつひとつに宿っている超自然的な存在が、“【生物】という概念の誕生とその歴史に関係している”と言い伝えられてきた。 現代社会においてもその存在が科学的に証明できない状況であったが、「マテリアルバンク」と呼ばれる“霊魂錬金術科学研究所”という機構が発足して以降、あらゆる生物の肉体には、「マテリア」と呼ばれる未知の原子が存在していることが明らかになった。 このマテリアを使って肉体と精神を切り離す“霊魂錬金術”と呼ばれるテクノロジーが発展し、コンピュータ上にあらゆる「死者」のデータを保存するという計画が、2031年よりスタートした。 そしてその計画の中枢を担う研究員のグループに、「マテリアメーカー」と呼ばれる錬金術師が配属されることになる。 彼らは、“陰陽道”と呼ばれる、古代日本の律令制下において中務省の陰陽寮に属していた者たちであり、『陰陽五行』に基づいた思想によって、悪霊の討伐や死者の霊の鎮魂の役割を1000年以上も担っていた。 そしてその歴史の中でも、“1000年に1人の逸材”と呼ばれる少女が、マテリア研究所付属の“霊術師育成学校”に在学していた。 彼女は、研究所のある「計画」によって生まれてしまった特殊生命体、【プラーナ(透明人間)】とある“取引”をする。 それは、プラーナの“精神”として生まれ変わった火神ナオトという少年がかつて描いていた「夢」であり、ある少女との約束を叶えるための「時間」だった。 「世界に存在しなくなったとしても、あなたはそれを望むの?」 生と死の狭間を流れる現実の果てに、待ち受けているものとは——?
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 413 最終更新日 2024.07.14 登録日 2024.07.14
恋愛 連載中 長編
15歳の夏、高校生活をスタートさせたばかりの女子高生・北川綾音(おおさかあやね)は、中学を卒業して、特に目標がないまま、気がつけば夏が終わろうとしていることに驚く。 退屈な授業の片隅で、何事もなく過ぎていく猛スピードの日常の違和感を、どこか拭いきれないまま、また、一日が終わろうとしていた。 そんな中、ある日クラスメイトの一人・八王子桜智(はちおうじさち)と花火大会に参加して、夜空に飛んでいくたくさんの花火と光の道すがら、遠い未来について話し合う。 会話の中、桜智は、綾音の両親のことについて切り出し、最近お墓参りに行っているのかを質問する。 彼女の両親は、4年前、2011年3月に起きた、東日本大地震の被災者だった。 綾音は節子の質問に対して、笑いながら「明日覗いてみる」と返事をするが...
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 恋愛 56,754 位 / 56,754件
文字数 1,021 最終更新日 2024.07.07 登録日 2024.07.07
『ソウルシーカー』と呼ばれるDEA(Devil Enforcement Administratio アメリカ連邦悪魔取締局)の職員、ナナ・キャットは、悪魔狩りの精鋭部隊「LAタイムズ」の一員として、“ヴィランズ”という悪魔を討伐する仕事を担っていた。 ナナは人間ではなく、鬼の一族として古くから悪魔狩りの活動を続けており、“悪魔化”と呼ばれる謎の現象を収束するべく、数百年もの間戦い続けていた。 “悪魔化”とは、悪意を持つ人間が罪を犯した時に起きる現象であり、罪の大きさの度合いによって多少の差異はあるものの、一定の確率で人間が「悪魔」へと変貌する時に用いられる指標である。 地上には元々人間ではなく、『鬼の一族』が繁栄を極めていた。 鬼は人間を毛嫌い、奴隷のように扱い続けてきたが、『黙示録の戦争』と呼ばれる出来事を機に、衰退の一途を辿ることになる。 その背景には、人間を愛した赤鬼のグループと、人間を嫌う青鬼のグループの対立があった。 赤鬼は人間と共存することを選び、青鬼は人間を駆逐することを望んでいた。 鬼は永遠に生きれる強い生命力がある反面、生殖器がなく、人間のように増え続けることができない生物学上の問題を抱えていた。 鬼を増やすには、自らの血を人間に与える必要があった。 “鬼化”と呼ばれる現象は、鬼が一族としての地位を確立するためには欠かせない儀式であり、また、プロセスでもあった。 つまり人間は鬼の一族にとっての“贄”であり、「血の器」として道具のように扱われてきていた。 今から約三千年も前のことである。 人間には人間の生活があり、生き方がある。 人間は鬼が繁栄するための道具ではなく、自由に生きるための権利がある。 人間と共存することを選んだ赤鬼は、人間と対等に生きることを望み、例え一族が滅びることになったとしても構わないとして、人間に血を分け与える行為そのものを禁止しようとした。 戦争によって多くのものを失ったが、代わりに得たものは平和であり、人間と鬼が互いに笑い合える日々であった。 しかし—— 鬼と人間と、——悪魔。 星を巡る命の戦いが、今、幕を開ける。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 2,948 最終更新日 2024.07.07 登録日 2024.07.07
   創世暦4755年。 人類は新たな進化を遂げ、崩壊した地球を脱し、「漂流者」となって宇宙を旅していた。 彼らは第4次世界大戦の後、核兵器の使用によって荒廃した大地の上で、死にゆく星と生命の行く末を見届けようとしていた。 人類を救ったのは、ソラリス(調停者)と呼ばれる外界の“ヒト”であり、人類の“祖先”であり、——現生生物の祖先であった。 実は、人類を含む地球上のあらゆる生命体は、地球の誕生以後、宇宙生命化プログラム(エネルギー保存化計画)の一端として、原始生命体の細胞を分け与えられ、独自に進化を遂げた歴史を持っていた。 ソラリスは全宇宙に存在する無数の星に種を植え付け、あらゆる生命体の可能性を探り、様々な種と生命の繁栄を手助けする「箱舟」の役割を担っていた。 人類は、彼らの集積する生命のパーツ、——すなわち“宇宙生命化プログラム”の「データ」の一部として回収され、次なる進化へと向けたステップに移行していた。 銀河GN-z11の中にある星、カストル星には、かつて地球で暮らしていた人類の細胞を受け継ぐ「フェアリー」や「バーバリアン」、「アヤカシ」、「エルフ」、「ドラゴニア」、その他様々な種族が、“第一次大陸間戦争”と呼ばれる大規模な戦時時代の真っ只中にいた。 東の大陸に鎮座する帝国、ミゼリア東方共和国の兵士養成学校、『セントラル・アカデミー』の期待の新人として名を馳せる“セフィリア・ハールート”は、自らの特性を活かした修道士(ソーサラー)としての道を極めようと、日々の修練を重ねていた。 そんな最中、アカデミーの教官から“ある人物”と手を組んでみてくれないか?と提案を受ける。 彼女は研修生の身ながら、次期魔導兵候補生の一員として将来が約束されていたも同然だった。 誰かの手を借りる必要も、余計な勉学に励む必要もない。 しかし、教官は言ったのだ。 「お前に足りないものは、戦闘に於ける「力」ではなく、「知識」なのだ」 と。 彼女は理解できなかった。 力はもちろん、知識が不足していることなんて… 才能あふれる彼女の前に現れたのは、同じく“期待の新人”として名を馳せていたダリの村出身の戦士、“ソラ・アーケード”だった。 彼は、期待の新人ながら、とある問題点を抱えていて…
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 12,248 最終更新日 2024.06.18 登録日 2024.05.27
人々は夢を見ている。 現実と、非現実。 その境界線には、果てのない「線路」があった。 地平線の彼方へと伸びる、3番線の線路。 線路は、“いつの日かの世界”からやって来ていた。 昨日でも、今日でも無い世界から。 「線路を走る電車には、帰りの便がない。それでも行くの?」 夢と現実、——生と死の狭間にて繁栄する街、「黄泉國(よもつくに)」。 そこでは、人々の魂を捕食する存在、“ソウルイーター”と呼ばれる獣が跋扈していた。 これら魔物は人々の魂に棲みつき、内側から命を蝕んでいく存在であり、古くから下界(ソウル・シティ)を脅かす存在として忌み嫌われていた。 近年、ソウルイーターと呼ばれる怪物たちはその勢力を広げつつあり、『十界曼荼羅』と呼ばれる謎の軍事戦略組織が、黄泉国の中央に鎮座する『八葉蓮華』を破壊しようと目論んでいた。 八葉蓮華は人々の魂が輪廻するために必要なエネルギーの通り道であり、魂が持つ記憶を浄化し、新たな生へと昇華するための事象変異機関(Sマトリクス機関)であった。 出雲国真那(いずもくにまな)は、元々ソウルイーターとして生まれた魔物であったが、ある出来事を境に、ソウル・シティに紛れ込んでしまう。 紛れ込んだ当時、幼子の姿であった彼女を森の中で見つけた平山薫は、彼女を匿い、自らの娘として育てることを決意する。 平山薫は、黄泉国の元住人であり、ソウル・シティに紛れ込む魔物たちを討伐する役割を担うハンターだった。 ある日、魔物との戦闘によって脳に重い傷を負ってしまった薫は、植物状態となり、1年以上意識不明の状態が続いていた。 真那は自らがソウル・イーターであること、人間ではない異形の怪物であることを知らされないまま、12年もの間下界で暮らしていた。 しかし、薫の書斎で、彼女が書いた一冊の日記を発見し、そこで自らの存在や、薫が待ち受ける運命を目の当たりにする。 薫の意識が戻らないことを悟った真那は、急ぎ病院へと向かうが——
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 971 最終更新日 2024.06.16 登録日 2024.06.16
恋愛 連載中 長編
ねえ、タカ君。 私はもう存在していないって知っている? 私が「人間」じゃなくて、神様の子どもだってことを。 あなたと会えた日から、いつも思ってた。 いつかこうなる日が来るだろうな、って。 いつか、今日という日が無くなるんだろうな、——って。 何もなかったことにはしたくないんだ。 あなたと出会えたことを、なかったことにはしたくなかった。 でも、もう行かなくちゃいけない。 星が降るのを止めなくちゃいけない。 きっと、もう、間に合わない。 だけど—— あなたと過ごせた日々のことを、世界に置いていくことはできない。 私は最初からどこにもいなかった。 それが「運命」なら、私たちが立ち止まれる場所は、もうどこにも残っていない。 たとえ抗うことができない時間が、明日の世界に続いているとしても、きっといつか、あなたと再会できる日が来ることを願っている。 失われた記憶の底で、いつか、雨が止む日が訪れたとしても。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 恋愛 56,754 位 / 56,754件
文字数 4,062 最終更新日 2024.06.15 登録日 2024.06.09
恋愛 連載中 長編
時読みの巫女としての血を引く鬼、三途川三月(さんずがわみつき)は、18の年に必ず死ぬという一族の運命に抗うため、1000年の歴史を持つ自らの「血」を断ち切るために、『雛代の社』と呼ばれる一族の魂が眠る祠を訪れる。 三途川の家系は、人の魂が洗い流されるという「信濃川」の清流を保つために、“人柱”としての役割を担っていた一族だった。 彼女は人柱としての宿命を担うため、自由に生きるという選択を奪われながら、それでも、村に住んでいた時透飛鳥(ときとうあすか)という少年に惹かれ、人として生きる道に憧れを抱く。 同じ村で子供時代を過ごし、三月は巫女として、飛鳥は国に仕える武士として旅立とうかという頃、2人は恋に落ちていた。 飛鳥は三月が一族としての宿命を担っていること、そして人間ではなく、「鬼」であるということを知りながら、彼女の運命に共に立ち向かうことを決意した。 三月の手を持ち、一緒に村を出て、自由に生きるための道を探すべく、祠に向かう。 祠を破壊し、その地に眠っていた魂が浄化していく様を見て、呪われた三月の運命が、無事に断ち切れたのだと思っていた。 しかし、2人が待ち受けていた未来は——
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 恋愛 56,754 位 / 56,754件
文字数 878 最終更新日 2024.06.01 登録日 2024.06.01
「じきに空が沈む」 神戸市街地の交差点。 歩行者天国の信号機の上で、スカートをはためかせる女子高生が1人、座っている。 並行世界の断層、——タイム・スクエア。 そこは、現実の「壁」に飲み込まれる、滅びる運命を待つ世界だった。 女子高生、——大坂楓は、時空要塞の都市、クロノポリスに住まう住人であり、“セカンド・キッド”と呼ばれる「アノマリー」の1人で、22世紀の世界へと時空を繋ぐ計画、『人工時間結晶化プログラム』の実行のための、重要な任務を任されていた。 世界は滅びる運命だった。 それは、1995年に起きた災害、”阪神淡路大震災“をきっかけとして引き起こされた、『第一次タイム・クラッシュ』が原因であり、ある科学装置を使ったこと、——起こるべきはずだった出来事を変えてしまったことが、全ての始まりだった。 世界の時空平面上に広がる境界、「ベッケンシュタイン境界」。 その境界に入った亀裂を塞ぐため、人類は時空の『修復』を行うことを試みる。 大坂楓は、街に出現した「ゼノ」を排除するため、1人奔走していた。 「ゼノ」は時空の亀裂から出てきた“魔物=外来種“であり、世界には元々存在していなかった異形の怪物たちだった。 彼らは人類最後の砦、クロノポリスへと侵入し、人類の計画を阻止しようと攻撃を続けていた。 彼女は街中の交差点で、ある少年と出会う。 並行世界の果て、——過去と未来が交錯する、時の平原の彼方で。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 20,182 最終更新日 2024.05.31 登録日 2024.03.31
高校生になったばかりの年端もいかない少年、竜胆カオルは、司法省管轄下の連邦刑務所局が管理している、世界で最も警備の高い刑務所に収容されていた。 彼は大量虐殺の罪と、魔法不適正使用の罪により、国際的な軍事機関が管理する魔法法執行部、『ウロボロス』の特殊部隊兵によって捕縛、連行されていた。 彼は竜神族、——すなわち「龍」と呼ばれる生命体の生き残りであり、古代種としての遺伝子を持つものだった。 竜神族とはこの星の純血種と言われ、人類の敵でもあった。 かつてこの星には“七神”と呼ばれる神々が住んでおり、自然界の長としてその絶対的な地位と権威を固辞していた。 しかし、約200万年前に起こった災厄、“カタストロフィ(運命の日)“と呼ばれる謎の気候変動によって、地球環境は一変してしまうことになる。 未だその災厄がどうして起こったのかの原因がわかっていない段階であるが、1つ言えるのは、その日を境に”人類”と呼ばれる種族が生まれたこと、龍の一族が滅びの一途に向かったことが、明らかとなっていた。 竜胆カオルは、かつての竜神族の血を引き継ぐものだった。 彼は自らがその一族の末裔であることを知ってはおらず、なぜ自らの“腕”に「黒い炎」が宿ったのかの理由を理解できずにいた。 ——そう、彼は突然理性を失い、自ら住んでいた街を一瞬で焼き尽くしてしまったのだ。 そしてその街には、彼の家族や友達が、何気ない日常の中に暮らしていた。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 2,461 最終更新日 2024.05.26 登録日 2024.05.26
2020年、3月。 この日、東京が消失した。 原因は未だわかっておらず、世界は混乱に包まれたままだった。 東京に住んでいたものたちは消息を絶ち、消失した都市部を中心に、何十キロにも及ぶ巨大な“クレーター”が出現していた。 消失したエリアに侵入することは、現在の科学では不可能だった。 そこは事象の境界面と言われ、異常な重力が働いている未知の領域だと、学会により発表されていた。 人々は、そこにあったものは全て、跡形もなく消えてしまったものだと思っていた。 そこに住んでいた人たちはもちろん、東京という街そのものが、完全に消失してしまったのだと。 東京都豊島区巣鴨一丁目のアパートに暮らしていた男子高校生、灰原ハジメは、世界から東京が消失してしまったことに気づいてはいなかった。 消失したはずの都市部では、人々は普段と変わらない生活を送っていた。 何も変わってはいなかった。 グラウンドに寝そべる午後の木陰も、街を行き交う電車の音も。 ——空から、「月」が消えていることを除いては。 子供の頃、隣の家に住んでいた幼馴染が、なんの連絡もなく突然彼のアパートを訪れる。 幼馴染の名前は、伊藤詩織といった。 彼女とは長い間会っていなかった。 …会えるはずもなかった。 なぜなら彼女は、小学生の時に行方不明になっていたからだ。 もうすでに8年もの時が流れていた。 この世界にはもういない。 とっくに死んでいるんじゃないか?と、周りの人たちは囁いていた。 「私とキスしてくれる?」 唐突なその言葉に、彼の頭は凍りつく。 …お前、誰だ? 顔も声も、目の色も、あの“詩織”で間違いなかった。 ただ、何かが違っていた。 突然押し倒され、無理やり唇を奪われる最中、彼は彼女の胸から、心臓の音が消えていることに気づく。 これは、世界の終わりと始まりを紡ぐ、失われた記憶の中にある物語。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 85 最終更新日 2024.05.25 登録日 2024.05.25
恋愛 連載中 長編 R15
男にもお金にも、興味は無い。 興味があったのは、人を殺せる技術だけ。 だけど—— 殺し屋稼業を営んできた八王子タマキは、殺し屋としての生活ではなく、他の人と変わらない庶民としての生活に憧れを抱いていた。 ある事件をきっかけに逃亡生活を余儀なくされた彼女は、名前も国籍も変え、日本のある片田舎で生活を送るようになっていた。 カフェの店員として働く日々。 なんの変哲もない日常。 そんな中、ある“依頼”が彼女の元へと舞い込んできた。 依頼主は元『シルバー・ブレッド』のメンバーであるニルヴァーナであり、彼女の師でもあった。 依頼内容は、「lost memory(殺しの対象者)」とだけあった。 lostとは、組織の中で“殺し”を意味し、memoryは、“標的”を意味する。 「最後の依頼を聞いてくれないか?」 アパートのポストに届いたニルヴァーナからのメッセージに戸惑いを抱きつつ、 待ち合わせ場所に出向くことに。 人が死後に行く冥途にあるという険しい山、霊峰石鎚山。 電車に乗り、瀬戸大橋を渡って、石鎚山の聳える愛媛県久万高原町に行くことを決意した。 “もう誰も殺しはしない” そう胸に期していた彼女の心に、待ち受けていたものとは——?
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 恋愛 56,754 位 / 56,754件
文字数 688 最終更新日 2024.05.24 登録日 2024.05.24
彼女との初体験を間近に控えていた葛城ユウトは、ついに、1つのベットの上で女子の体と交わろうとしていた。 下着に手を伸ばした、その時だった。 「貴様、私に触れようなどとは…」 キスまで交わし、同意を得たはずだった相手が、突然豹変したように顔を顰める。 手には「銃」が。 …ここ、日本ですよ? 学生兼殺し屋を営んでいる魔王の娘、——ブーニベルゼ。 日本の女子高生の魂に“憑依した”彼女とのドタバタ冒険活劇が、今、始まる。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 49,378 最終更新日 2024.03.31 登録日 2024.01.05
高校を卒業した後、夢も目標もなく退屈な日々を送っていた綾小路真人は、トンネルを抜けた先にある渓谷の道筋に、 『温泉スタッフ大募集中!!』 と書かれた求人広告を目にする。 真人の住んでいた日野草町には、1200年余の歴史がある由緒ある温泉があり、その場所は「奥の原温泉」として人々に親しまれていた。 地元を出ようと市街地の就職先を探していた真人だったが、思いがけず出会った見慣れない看板に目を奪われ、足を止める。 「温泉スタッフ…か」 飲食店の経験もあった真人は、接客業なら大丈夫かな… という軽い気持ちで電話をかけてみるが、電話先の「女将」は、その日のうちに面接ができないかと提案してきた。 思いがけない提案に戸惑う真人だったが、履歴書もスーツもいらないということで、ひとまず行ってみることに。 車を駐車場に停めて受付を通る。 「女将」がいるとされる奥座敷に向かう真人だった。 …が、そこで、露天風呂に浸かっている裸姿の『鬼』が、湯気の向こうに露わになって——
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 636 最終更新日 2024.03.17 登録日 2024.03.17
「俺はお前を裏切ったことなど一度もない!!」 突然意味不明な弁明をかましてくる彼を横目に、金属バットを手に取る暴走族のリーダー、蒼井霞。 彼女は付き合って2年目の彼に、いつも溺愛だった。 彼のためなら真っ当に生きる—— そんな決意をしたのも束の間、見知らぬ女とやり取りしている彼のライン履歴を見てしまう。 「これ、どういうこと?」 彼に問いただすが、その「弁明」は理解に苦しいものだった。 こうなったら、その女に直接会ってどういうことか説明してもらう。 最悪、海に沈めるなんてことも… 「俺、お前に言わなくちゃいけないことが…」 神妙な面持ちでそう言った彼、——東雲スバルは、とある衝撃事実を暴露する。 しかしその「内容」は、あまりに現実離れしたものだった。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 2,352 最終更新日 2024.03.17 登録日 2024.03.03
青山学園の数学教師に就職していた日比野飛鳥は、10年前に失踪した幼馴染、杉山健太の行方を追っていた。 健太は霊界の“反逆児“と呼ばれるハデスの勧誘を受け、魔族たちの住む冥府へと旅立っていた。 生まれつき特異な体質を持っていた彼は、ハデスのある「計画」に利用できるのではないかと目されていた。 “触れた者の魂を無形化できる“ その、『特性』を。 ハデスは霊界の六王と呼ばれる魔導府の使者たちの追手を掻い潜り、ある“野望”を企てていた。 人間界と霊界の境界を壊す。 人間たちの心を融かし、すべての生命と原始大海が覆っていた太古の地平を取り戻す。 そのために、人間たちの魂で汚れた「不浄の土地」を一掃しようとしていた。 霊界を守護する、『魔法省』の転覆を手始めに。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 13,918 最終更新日 2024.01.23 登録日 2023.12.10
『アノマリー』と呼ばれる神々に統制された世界、ドミニオン。 ここでは、“魂の器”と呼ばれるコモンが製造され、かつて世界を支配していた「人間」という種族を復活させるためのプロジェクトが、着々と進行していた。 ドミニオンは西暦2099年に起きた機械戦争、通称「中央大陸戦争」によって荒廃した世界から発展した架空都市であり、当時の社会の環境保全を担っていた通信ネットワーク「STREAM(ストリーム)」により生まれた、“仮想空間”だった。 この仮想空間は【スコール(電子雲)】と呼ばれ、非物質と物質の境界線上にある“ホログラフィック・ルーム(存在と非存在の断層)“とも揶揄された。 アノマリーは現実世界に於いて、暗闇に飲み込まれた人間の魂を呼び戻すため、魂を入れることができる人形をつくり続けていた。 しかし人々の魂を呼び戻すには、中央大陸戦争を引き起こした7体の悪魔、『七つの大罪』を抹消し、彼らを闇へと葬り去る必要があった。 アノマリーは彼らが鎮座する7つの大陸にそれぞれ兵士養成学校を創設し、悪魔を討伐できる「ゴースト・プロトコル(傭兵部隊)」の育成を試みる。 戦いは長きに渡って繰り広げられていた。 人と魔物と、——滅びし世界と。 かつての地上と空を取り戻すべく、ゴースト・プロトコルたちは立ち上がる。 爽快バトルファンタジー、ここに開幕!
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 566 最終更新日 2024.01.04 登録日 2024.01.04
古来より妖怪や悪魔と呼ばれ、人々の生活を脅かす妖魔族の“ドラゴニュート“を退治してきた非国家団体組織・WR(ワールド・ランディング)社の職員である桜間透子は、幼い頃から死者の魂に干渉することができる異常体質者の1人だった。 彼女はある日、街中の古びた電話ボックスから、異様な瘴気が立ち上がっている現場を目撃する。 異世界へと繋がる“回線”。 記憶にはない日常のシーン。 天神町で暗躍するA級妖魔の「ユラマキキ(夢魔)」が、彼女の通っていた緑間高校の生徒にまで、魔の手を伸ばす。 町の人の“夢”を媒介としてその勢力を広げようとしている中、透子はシャーマン(対魔師)としての素質に突如目覚めた。 これは、彼女が“火剣使いの封魔”と呼ばれるまでのエリートとなった、——前日潭だ。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 8,837 最終更新日 2024.01.03 登録日 2023.12.29
「18歳の誕生日の日没までに糸車で指を刺して死ぬ」という呪いを解くため、未来に転送された王女セラ。召使いのカエルと、使用人のサリエルと一緒に、転送先の現代で、お好み焼き屋の店主、「片岡商店」の平木世津子(60)に匿ってもらう日が始まる。 17歳の夏、飲食店の経営について学びながら、自分の夢を追っていたセラ。「おばあちゃん」と呼ぶようになった世津子のために、後継ぎのいない「片岡商店」を継ぎたい。その夢を背に、クラスメイトの篠田アキラと、中学の頃幼じみだった黒崎千冬の3人で、休みがてらお店の手伝いに携わっていた。 親友たちとの日々、蝉時雨の夏休み、将来のこと、それぞれの日常と生活。ひと夏の青春と冒険が彼女らの間を交錯しながら、明るい未来が待っているはずだった。 そんな矢先、登下校の道中に、世津子が店先で倒れたという連絡を受ける。
24h.ポイント 0pt
小説 187,420 位 / 187,420件 ファンタジー 42,936 位 / 42,936件
文字数 13,277 最終更新日 2024.01.02 登録日 2023.10.07
52 123