2
教会でしか受けられない神の洗礼――ジョブ。 ルークはそれを【白の祝福】というスキルひとつで執行できるユニークジョブ《導師》なのだが、彼が洗礼で授けるジョブはどれも不遇職ばかり。 ついには魔境にほど近い辺境の廃教会に追放されてしまう。 絶望するルークの前に現れた、小汚い鼠に蛇に鴉たち……彼らはかつては人々に信仰されていた精霊のなれの果てだった。 追放された導師と零落した精霊。 この出会いが世界の勢力図を大きく塗り替えていく。
24h.ポイント 35pt
小説 18,684 位 / 185,377件 ファンタジー 2,621 位 / 42,584件
文字数 29,422 最終更新日 2024.05.03 登録日 2024.04.26
新作≪最弱な彼らに祝福を〜不遇職で導く精霊のリヴァイバル〜≫がwebにて連載開始 【小説第1〜5巻/コミックス第3巻発売中】  海外よりも遠いと言われる日本の小さな離島。  そんな島で愛犬と静かに暮らしていた青年は事故で命を落としてしまう。  死後に彼の前に現れた神様はこう告げた。 「ごめん! 手違いで地球に生まれちゃってた!」  彼は元々異世界で輪廻する魂だった。  異世界でもスローライフ満喫予定の彼の元に現れたのは聖獣になった愛犬。  彼の規格外の力を世界はほっといてくれなかった。
24h.ポイント 811pt
小説 1,485 位 / 185,377件 ファンタジー 296 位 / 42,584件
文字数 735,329 最終更新日 2023.10.25 登録日 2021.08.18
2