瑞野明青

瑞野明青

サッカー観戦を主に野球やラグビーなどの球技が大好きで旅にも出ます。歴史旅で聖地巡りをしてあちらこちらに思いを飛ばします
3
 幕末長州の山口湯田温泉に生まれ、山口の明倫館から萩の明倫館に移り、 学問と西洋陣術を学んだ青年がいた。  殿のお小姓を足がかりに、国の行く末をより良くしていきたいと願っていた。    そんな青年は後に井上馨となる志道聞多。  高杉晋作、桂小五郎達とともに、盟友伊藤俊輔、後の伊藤博文と、  幕末の動乱から、明治の新しい国造りに向けて走り続ける。
24h.ポイント 21pt
小説 24,538 位 / 183,887件 歴史・時代 142 位 / 2,106件
文字数 158,813 最終更新日 2024.03.20 登録日 2023.09.26
恋愛 完結 短編 R18
僕は隣りに座った彼女と恋をしたはずだった 僕はサッカーの試合を観戦したとき、一人の女性と出会った。彼女が同じチームを応援していると知って、興味が出て好意を持った。そして、なんとか近づくことができると
24h.ポイント 14pt
小説 29,326 位 / 183,887件 恋愛 12,498 位 / 55,987件
文字数 7,631 最終更新日 2023.09.09 登録日 2023.09.07
明治14年、伊藤博文は大隈重信と対峙していた 二人の間にはもうひとりの男の影が その男の名前は井上馨 盟友と言われるが‥‥
24h.ポイント 0pt
小説 183,887 位 / 183,887件 歴史・時代 2,106 位 / 2,106件
文字数 9,332 最終更新日 2023.05.31 登録日 2023.05.31
3