婚約破棄と領地追放?分かりました、わたしがいなくなった後はせいぜい頑張ってくださいな

生活の基本から領地経営まで、ほぼ全てを魔石の力に頼ってる世界
魔石の浄化には三日三晩の時間が必要で、この領地ではそれを全部貴族令嬢の主人公が一人でこなしていた

「で、そのわたしを婚約破棄で領地追放なんですね?

それじゃ出ていくから、せいぜいこれからは魔石も頑張って作ってくださいね!」


小さい頃から搾取され続けてきた主人公は 追放=自由と気付く
塔から出た途端、暴走する力に悩まされながらも、幼い時にもらった助言を元に中央の大教会へと向かう

一方で愛玩され続けてきた妹は、今まで通り好きなだけ魔石を使用していくが……


◇◇◇

親による虐待、明確なきょうだい間での差別の描写があります
(『嫌なら読むな』ではなく、『辛い気持ちになりそうな方は無理せず、もし読んで下さる場合はお気をつけて……!』の意味です)

◇◇◇

ようやく一区切りへの目処がついてきました
拙いお話ですがお付き合いいただければ幸いです
24h.ポイント 99pt
8
小説 9,482 位 / 185,376件 ファンタジー 1,447 位 / 42,585件