無茶振り小説一覧

1
「此度は其方に「時を渡る魔道具」の開発をする栄誉を与える」 「はあぁぁ???」(つまりタイムマシンってを作れってこと???) いきなり何言ってんだこの馬鹿国王! 私はルナ。モーラス子爵家の長女(18歳)です。 実は私、元現代日本人の転生者です。 前世では最先端技術の研究者をしていました。 前世の知識も合わせて研究して、現代の家電製品のような魔道具の開発に成功。 若くして魔法道具研究所の、所長兼開発責任者に任命されました。 さらに王太子の婚約者でもあります。 それでこんな無茶苦茶な命令を。 「そのようなものは出来ません」 「ええい!何をごちゃごちゃと言い訳をしておる。貴様は「やる」といえば良いのだ」 とゴリ押しされちゃいました。 なぜなら、馬鹿王太子が国が滅ぶような失態をしでかしたのです。 じゃ。 開発費だけ頂いてとっと逃げようと思います。 タイムマシン?作りませんよ。 ミッションスタート!
24h.ポイント 21pt
小説 24,595 位 / 187,421件 ファンタジー 3,308 位 / 42,936件
文字数 15,340 最終更新日 2023.03.27 登録日 2023.03.19
1