出羽小説一覧

5
 江戸期、紅花の商いで大儲けした、実在の紅花商人の豪快な逸話を元にした物語である。  出羽尾花沢で「島田屋」の看板を掲げて紅花商をしている鈴木七右衛門は、地元で紅花を仕入れて江戸や京で売り利益を得ていた。七右衛門には心を寄せる女がいた。吉原の遊女で、高尾太夫を襲名したたかである。  花を仕入れて江戸に来た七右衛門は、競を行ったが問屋は一人も来なかった。  七右衛門が吉原で遊ぶことを快く思わない問屋達が嫌がらせをして、示し合わせて行かなかったのだ。  事情を知った七右衛門は怒り、持って来た紅花を品川の海岸で燃やすと宣言する。  
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 歴史・時代 2,403 位 / 2,403件
文字数 24,282 最終更新日 2024.06.23 登録日 2024.06.14
Some 100 stories of cats(猫にまつわる小篇たち)のシリーズ第14作目。
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 歴史・時代 2,403 位 / 2,403件
文字数 3,263 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.06.30
 平和憲法のもと、象徴天皇として即位された今上天皇(明仁)の御代、平成の世は終わろうとしている。  歴史を紐解けば、日本という国は、天皇とともに歩んで来た、と言っていい。  しかし、その天皇も、順風だけで続いてきたわけではない。  幾度となく、天皇家は苦難の時代を経験してきた。  あるいは、今の時代こそ、まさにその時かもしれない。  順徳天皇の生涯を追っていくと、そのことを考えずにはいられなかった。  いや、そう思わないでも、なんと不遇な生涯であったことか。  筆者は、第八十四代天皇、順徳院に捧げる哀悼の物語として、これを書き上げた。
24h.ポイント 21pt
小説 24,018 位 / 187,432件 歴史・時代 172 位 / 2,403件
文字数 147,198 最終更新日 2018.01.14 登録日 2017.09.20
 山形県最上郡舟形町、東長沢には、「団十郎屋敷」なる場所がある。  その地には、「ここは初代市川団十郎の生誕地である」という言い伝えが残っている。  初代、市川團十郎の経歴は、「市川宗家代々」が伝えるとおりだが、ほかにも様々な説や言い伝えがあり、大変興味深い。  東長沢の伝説に端を発し、初代團十郎の諸説ある記録の断片を筆者なりに編み直した。  例えば、こんな初代市川團十郎の一生があったかもしれない。
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 歴史・時代 2,403 位 / 2,403件
文字数 70,374 最終更新日 2016.12.17 登録日 2016.11.28
 かつて、「紅花大尽」とその名を知られた豪商がいた。  鈴木清風。  彼の生涯は謎に包まれたままだ。  限られた資料の断片から見えてくること。  それと、故郷を愛する人々が織りなす人間模様を描く、江戸時代小説。
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 歴史・時代 2,403 位 / 2,403件
文字数 38,577 最終更新日 2016.03.15 登録日 2016.03.06
5