末期がん小説一覧

3
1
ライト文芸 連載中 長編 R15
「杏沙、お願い。私が退院するまでこの人と付き合って」 末期がんに侵された友人の由紀はそう言って、自分の彼氏──永井和臣を差し出した。 「うん、いいよ」 それで由紀の病気が快方に向かうならという気持ちから、杏沙は願掛けのつもりで頷いた。 それから和臣との付き合いが始まった。 手も握らない。キスもしない。身体を重ね合わせることも、彼との未来を想像することさえしない偽りの交際は、罪悪感だけが積もる日々。 そんなある日、和臣は言った。 「由紀にとって、君は一番大事な友達……親友なんだ」 その言葉に杏沙は、ちくりと罪悪感を覚えた。 杏沙は由紀の親友では無い。親友になりたくても、なれない。そんな資格は無いのだ。 なぜなら昔、杏沙は由紀に対してひどい裏切りをしたことがあったから。 友人の回復を信じて偽装恋愛を始めるOLと、偽装恋愛をしてでも恋人の回復を願う大学生のいびつで切ない秋から冬までのお話。 ※以前投稿していましたが、加筆修正のためいったん非公開にして再投稿しています。 ※他のサイトにも重複投稿しています。
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 ライト文芸 7,648 位 / 7,648件
文字数 34,555 最終更新日 2023.12.06 登録日 2021.04.29
人間ドックの予約を勝手にドタキャンするような医者嫌いの父。頭痛と眩暈を訴えたので病院へ連れていけば、余命3か月の末期ガンの診断が。肺ガンからの脳腫瘍はすでに3センチにもなっていた。母の希望で本人への告知は無し、家族だけが本当の病名を知る闘病生活。父は猫の前でだけ弱音を吐いた。もうダメかもしれん、と。癌細胞に徐々に蝕まれていく父の身体と、少しずつ固まっていく家族の覚悟。 第6回ライト文芸大賞で奨励賞をいただきました。
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 ライト文芸 7,648 位 / 7,648件
文字数 103,982 最終更新日 2023.11.14 登録日 2022.07.31
Some 100 stories of cats(猫にまつわる小篇たち)のシリーズ第28作目。
24h.ポイント 0pt
小説 187,432 位 / 187,432件 現代文学 7,917 位 / 7,917件
文字数 3,230 最終更新日 2023.07.14 登録日 2023.07.14
3