白拍子、江戸の鍛冶屋と戯れる

「私のために――刀を打ってもらえませんか?」
時は元禄。江戸の町に突如現れた白拍子の少女、まつり。彼女は鍛冶屋の興江に刀を打ってもらおうとする。しかし興江は刀を打たない理由があった。一方、江戸の町を恐怖のどん底に陥れている人斬りがまつりと興江に関わるようになって――
24h.ポイント 0pt
0
小説 185,484 位 / 185,484件 歴史・時代 2,379 位 / 2,379件