夜街迷宮

その琥珀色の瞳に映ったものは、裏街からは出られない。
孤独な殺し屋『黒い琥珀』が出会ったのは、ただ無防備に愛を囁く男だった。

殺し屋のユーシーはマフィアのジンから殺しの依頼を受けて生活していた。しかしながら、殺しの後、決まってやってくる熱を持て余す感覚に悩まされていた。ある日、ユーシーは仕事を終えた後、裏路地でルイという男に出会う。食事に誘うルイに、ユーシーはセックスを提案する。一夜を共にしたユーシーに、ルイは一千万で自分のところに来ないかと言うが……。
金と欲の交錯する香港の夜の街。愛を知らない殺し屋と、ただ愛を注ぐ謎の男の恋の話。

愛を囁く男×ダウナー系ビッチの殺し屋

※モブ死、流血表現あり。
※複数プレイ、玩具、自慰描写があります。

R-18およびそれに準ずる表現がある話には*マークがついています。

pixiv、ムーンライトノベルズにも掲載中

※この物語はフィクションです。実在の地名、人物、組織、企業、団体等とは一切関係ありません。
24h.ポイント 28pt
19
小説 21,120 位 / 185,381件 BL 5,148 位 / 24,025件