袴とスカートの距離は  ~和装男子に恋する男子。ライバル同士の剣道男子~

【BL×剣道。和装男子に片想い。――ライバルは、誰よりも好きな人。】

 剣道部の『彼』を好きだった、同じく剣道部の『僕』、幼なじみの僕は。
 でも、好きになるずっと前から。――叩きのめしてやりたかった、彼を。共にやっている剣道で、常に僕の上をゆく彼を。

 道着の袴(はかま)を汗にまみれさせ、鍛錬を重ねる僕。
 一方、その袴がスカートみたいで。決して履けないスカートみたいで、嬉しい僕。

 ――男として剣士として、彼を越えたい僕。
 ――女の子の気持ちを持って、彼を恋する僕。
 
 揺れ動く気持ちを抱えたままの僕と。
 そんな気も知らない、バカな男子同士だと思っている彼――剣に対してだけは常に真っ直ぐな、美しい斬り手。

 どこへ行き着くのだろう――彼への恋は、彼との勝負は。揺れ動く僕は。
24h.ポイント 0pt
0
小説 187,420 位 / 187,420件 BL 24,256 位 / 24,256件