男娼からの成り上がり 〜溺愛されて流されて それでも僕は前を向く〜

 僕は高級娼館「サクディーダ」に在籍するもうすぐ二十歳。大好きな事を仕事にしているから問題はない。
この娼館は「元貴族」の子しかいない。それが売りだからだ。オーナーもね。

 僕の担当は「抱きたい」ではなく「抱かれたい」客。
娼館は抱きたい人が大半の客なんだけどね。その少ない需要を満たすためにいる。当然ヒマ。日々体の手入れを怠らず客を待つ。

 そんな僕にある日懐かしい兄様が客としてやって来たんだ。

 魔法はちょびっとの大国モンタネール王国。
 不正、賄賂は当たり前。奴隷商が跋扈する不穏な国。
王の力を削いだくせに王になりたいものはいない。私利私欲の貴族が住まう、日々荒れていく国。既に手遅れぎみ。

 だけど、そこまで酷い国とは感じていないキャルは、娼館で同じ様な境遇の男娼と楽しく生きていた。
 後で住んでいる領地が落ち着いていただけど知る。

 キャルは熱心な求愛にカミーユを受け入れ、貴族に戻る決心をする。
それにより国、実家、自分の出生に問題はたくさん。

 目まぐるしく起きる出来事を解決していくが、キャルはどこか他人事のよう。カミーユも家族も母以外は好きなんだけど、自分が思っているより感情が死んでいた………



24h.ポイント 14pt
97
小説 28,681 位 / 186,934件 BL 7,125 位 / 24,214件