ゆるゆる王様生活〜双子の溺愛でおかしくなりそう〜

 幼なじみのヨハンと成人後、冒険者に人気の食堂を切り盛りして楽しく過ごしていた。ある日、胸が潰れそうな痛みに苦しんだ後、猫族の僕は人族に変体していた。僕等の国では15の成人までには変体するのが普通。なのに僕は18歳で今年19歳……変体とは無縁と生きてきたのに!!聞いた事ない事態だけど……なった事は仕方ない。戻れはしないのだから諦めてイアサント王国へ!

 着いてみればエロい双子に溺愛される未来が待っていた。魂が求めるような愛情が湧いて、二人がいなければ僕はもう生きては行けないと思うほど大好き。僕は大切にされるのが当たり前になり、それに溺れ周りを見てるようで見ていなかったり。わりとゆるく考えていたために追い詰められて壊れたりもした。他にはない特殊能力あったけど、地味でみんなスルー、本人すらスルー……


注意:
 3P見たいな場面もありますが双子は二人で一人のような存在なので3Pのつもりはなく、たたの夫婦の営みのつもりで書いてます。

 この世界は中世の時代をイメージしてます。薬、医療は当然なく人が死にやすい。ケガはポーションとかなんとかなるが、病が体力次第。なので人口を増やすもテーマになってます。

章の最後にあらすじがあります。参考に読んでいただけると嬉しいです。

〜章ごとにゆるい解説〜

プロローグ 事の始まり

一章 城に行き双子との出会いから戴冠式まで。

二章 半年過ぎて番としての衝動、王になる為の努力以外の心の繋がりや二人の背景とルチアーノの心の変化

三章 他国に訪問。戦の気配

四章 敵を迎え撃ち撃破。そして攻撃に転ずる 子の成長により翻弄される

五章 世界が落ち着きルチアーノはやり残した事を始め、そして………
24h.ポイント 191pt
28
小説 6,424 位 / 186,012件 BL 1,399 位 / 24,113件