二人分働いてたのに、「聖女はもう時代遅れ。これからはヒーラーの時代」と言われてクビにされました。でも、ヒーラーは防御魔法を使えませんよ?

「ディーナ。お前には今日で、俺たちのパーティーを抜けてもらう。異論は受け付けない」

 勇者ラジアスはそう言い、私をパーティーから追放した。……異論がないわけではなかったが、もうずっと前に僧侶と戦士がパーティーを離脱し、必死になって彼らの抜けた穴を埋めていた私としては、自分から頭を下げてまでパーティーに残りたいとは思わなかった。

 ほとんど喧嘩別れのような形で勇者パーティーを脱退した私は、故郷には帰らず、戦闘もこなせる武闘派聖女としての力を活かし、賞金首狩りをして生活費を稼いでいた。

 そんなある日のこと。
 何気なく見た新聞の一面に、驚くべき記事が載っていた。

『勇者パーティー、またも敗走! 魔王軍四天王の前に、なすすべなし!』

 どうやら、私がいなくなった後の勇者パーティーは、うまく機能していないらしい。最新の回復職である『ヒーラー』を仲間に加えるって言ってたから、心配ないと思ってたのに。

 ……あれ、もしかして『ヒーラー』って、完全に回復に特化した職業で、聖女みたいに、防御の結界を張ることはできないのかしら?

 私がその可能性に思い至った頃。
 勇者ラジアスもまた、自分の判断が間違っていたことに気がついた。

 そして勇者ラジアスは、再び私の前に姿を現したのだった……
24h.ポイント 120pt
161
小説 8,365 位 / 185,371件 ファンタジー 1,326 位 / 42,583件