悪役従者

第7王子、ナテュールの従者であるロイ・プリーストはあまりにも怪しい少年だった。
薄ら笑うその顔も、わざとらしい抑揚の話し方も、身振り素振りの全てが胡散臭い。

しかし、

「どうして!?僕はこんなにもナテュール様をお慕いしてるのに!どうして裏切りの勧誘ばかり!?」

彼自身は特に裏も何も無い、正真正銘ただの従者だった。

***

前作がやる事なす事いい方に受け取られる勘違い物だったので、今作はやる事なす事全て悪い方に受け取られる勘違いものです。
気をつけてはいますが、誤字脱字結構やります。すみません。

大体17時更新。
24h.ポイント 28pt
24
小説 20,991 位 / 185,483件 ファンタジー 2,960 位 / 42,675件